Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 図画工作の心

<<   作成日時 : 2008/06/26 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

友だちの影響で、久しぶりにスパイラルヤーンを紡いでみた。
スパイラルヤーンとは、甘撚りのふわふわの太い糸を細い糸に絡ませながら撚り合わせた糸のこと。

友だちの言っていた左撚りと右撚りを組み合わせるのって何故?と思っていたが、これは2本を撚り合わせるとき細い方の糸に強いテンションをかけても切れないようにするための工夫だったのか。
と、実際やってみて納得。

紡ぎ車のボビンにはぽこぽこのかわいい糸ができている。
(私はボビンにたまった糸を見るのが一番好きかも。)
さぁこれで何を作ろうか。

画像


20羽(10cmに糸20本という極めて粗い織り)マフラーのたて糸にしたらきっと可愛いだろうなと思うが、甘撚りの太い糸はゆるく絡まっているだけなので、織るときにおさを行ったり来たりさせるたびにしごかれて、せっかくのスパイラルが消えてしまう恐れがある。
どうしたものか?

そこで余っていた左撚りの単糸と、スパイラルヤーン(これも左回転のよりがかかっている)を右回転で合わせる。
市販されているスパイラルヤーンのようにきれいなたすきがけにはならなかったが、これで甘撚りの太い糸がずるずる動く問題は解決。

画像


さっそく久しぶりの20羽登場。
さくさく織れてしまう。
やっぱり20羽のものって面白い。
“図画工作”って感じのものができる。

画像


画像


お店に置かせてもらって売るとなると、なかなかこういうものは難しく、商品ということを意識するとどうしても手堅く工業製品に近い物を作ることになってしまう。
せっかくこれだけ時間かけて手で作っているのに…。

気がつけばいつのまにかこういう状況にはまり込んでいたので、今回のマフラー作りはとても新鮮で、原点に帰る思いがした。

Kauriの真髄はこの“図画工作の心”であること。
これが私の生きる道なのだ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
図画工作の心 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる