Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤いシリーズ」の仕込み

<<   作成日時 : 2009/04/16 07:22   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


ビワの染液は順調に赤みを増している。
もう一息寝かせておきたいので、今日は「赤いシリーズ」マフラーのためのカードがけ作業をする。

いろどりの淋しくなる冬の季節、恋しくなるのが赤い色。
この赤いシリーズもなかなかの人気者で、すっかり定番になった。

画像


たて縞、よこ縞、チェックなど、パターンを少しずつ変えながら毎年何本か作る。
今日はひと冬分の赤の仕込みだ。

画像


単独だとちょっと色がきつすぎるが、配合を少しずつ変えながらドラムカーダー(先日の記事で紹介したカード機の家庭版)で混色すると、なかなか深みがあっていい色合いが出来上がる。
色が混ざってゆくのを見るのは楽しい。
でもこれをほぼ半日やっていると、いいかげんいやになってくる…。
まだあと何色か作らねばならない。

今日は一日雨。
ザーザーと音をたてて気持ちよく降っている。
いのちをはぐくむ、春の雨。



翌朝には気持ちよく晴れ上がった。
山が洗われたように青い。

画像


さて、昨日に引き続きカード作業に取り掛かるが、どうも勝手がちがう。
ウールがやたらふわふわして、カーダーに絡んだ毛も取れにくい。
昨日はごそっとかたまって取れたのに。

カードがけは雨の日の方がいいようだ。
アナンダのバッツ製造担当者もそんなことを言っていたような。
たぶんウールのキューティクルが湿度によって変化するんだと思う。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ、いつも楽しみに見ています。
覚えていらっしゃいますか。
ピンクのマフラーを譲っていただいたものです。
今回の赤シリーズの色合いステキですね。
織りになれて、まあまあ目の揃ったものが織れるようになりました。
このいろいろな赤の糸、写真に載っている色すべて分けていただく事できないでしょうか。
マフラーにしたいなって思います。
メールでお返事いただけると嬉しいです。
るんるん
2009/04/16 11:00
まああ、なんという色でしょう!
赤にはちょっと拘ってしまう自分なんですが、これらはとってもチャーミング。
染めも織りも何もできないシロートとしては、是非マフラーを購入させていただきたいものです。
あと、八ヶ岳の植物で染めた糸で織られたのもいいなあ。
Kauriさんの仕事には「詩」を感じますね。

yann
URL
2009/04/16 12:50
yannさん、ありがとうございます。
私も赤は好きで。
外国の深い赤色にあこがれます。

>Kauriさんの仕事には「詩」を感じますね。
何だか恥ずかしいですけど、でもとてもうれしいです。
これまで何かを見て心が動いたりすることと、マフラーを作ることとがつながっていなかったんですが、最近少しずつそれが結びつくようになって。
もちろん、気持ちや思いがそう簡単に確かなかたちに実を結ぶというわけにはいかないのですが、それでも“この気持ちを形にしたい”と思わないことには始まらないしな、とも思っています。
kauri
2009/04/16 15:47
久しぶり名ばかり工房におじゃまして、満喫。おなかがいっぱいです.いろいろと感動させていただきました.赤の色もきれいだし、森の匂いもいい色だったなぁ.感動です.私は今、綿の糸を染めるべくタマネギを贅沢に使って煮だし中.どんな色になりますやら.またゆっくりお話でもしたいものです.夫が通りすがりにのぞいていって、kauriさんの八ヶ岳の写真に感動してました.”天体望遠鏡持参でぜひお邪魔したい”とのたもうておりました.星もさぞかしきれいでしょう。ぜひ星空もkauriさんのマフラーで表現してみてくださいな.なれないものですからとりとめのないコメントでごめんなさい.名ばかり工房 本当に楽しいです.
oruwo
2009/04/17 07:39
おー、oruwoさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
私も読んでくださる方が“おなかいっぱい”って思ってるんじゃないかとうすうす心配しながらも、「!」ということがあると書かずにはいられなくて。
ほどほどに読んでね。まとめ読みはしんどいかも〜。

八ヶ岳、星がほんとにきれいですよ。
こんなにあるのかってびっくりします。
とにかく夜の空が真っ黒なんですね。
東京ではどこか白っぽいけど。
ぜひぜひ天体望遠鏡ご持参でファミリーでいつでもおいでください。
oruwo家のガールズも私大好きです。私のいいお友達なんです。
kauri
2009/04/17 07:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「赤いシリーズ」の仕込み Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる