Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜桜のイメージで。

<<   作成日時 : 2009/04/03 16:45   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像


先日ちょっと触れた夜桜をイメージしたマフラーが出来上がった。
柔らかく、軽めの仕上がり。
花冷えの夜だったら、していけるかも。

これはあまり図画工作っぽいことはせずに、まじめに織った。
今回に関しては、たて糸とよこ糸が交差して新たな色合いが生まれるおもしろさ、というのがちょっとわかった気分。

用意した糸が

画像


こんな風に変化する。

画像


でも相変わらず、色を塊のまま使いたいという気持ちもあるけど。(しつこい)

今日はこれから千鳥ヶ淵へ夜桜見物に。
ほんとにうららかなお天気で、まさにお花見日和。
人出も多いことだろう。

それでは、行ってきます。

<追記>

千鳥ヶ淵の桜はまさに見ごろを迎えていた。
漆黒の空、お堀の土手の緑を背景にして、桜の色が引き立つ。
屏風か着物の絵柄をみているよう。
写真は今ひとつですが、一応少しだけ。

画像


画像


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
すてきです。
まさにヤマザクラの風情ですね。
花と若葉と幹からそれぞれ色をもらったような…。
昨日上野で見た桜の色がよみがえります。

今頃はお花見中かな。
夜桜もいいですねー。
楽しんでくださいね。

yann
URL
2009/04/03 19:36
お、夜桜とは渋いですねぇ。
この良さがわかるのは日本人だけよ、きっと。
もも
2009/04/03 20:14
yannさん、ありがとうございます。
発想が単純なのでつい花びらのかたちを散らしたくなりましたが、ここは抑えて色だけで桜をイメージしてみました。
千鳥ヶ淵の桜、みごとでした。
頭上の花を見上げると、まさに着物の柄のようです。
夜桜といえば、八ヶ岳の友人が神田の糸桜を満月の夜に見に行ったら、恐ろしいようだったと話していたのを思い出しました。

ももさん
桜にこんなにも心がそわそわするのは、日本人じゃないとやっぱりわからないでしょうね。
今年は開花してから寒い日が続いて、お花も当惑気味のようでした。
NZはこれから紅葉の季節ですね。
kauri
2009/04/03 22:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夜桜のイメージで。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる