Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ビワ×ブルーのマフラー完成

<<   作成日時 : 2009/06/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像


ビワ×ブルーのマフラーが出来上がった。
ちょっとシックな、やさしい色合い。
お洒落な大人の女性(あるいは男性でも)にしてもらえるマフラー、が目標です。

縮じゅうしたら表面が細かくデコボコして、なかなかいい味。

今回は八ヶ岳にトルソーを連れてきて、撮影。
屋外でもぱちり。

画像


緑の中のマフラー。
何だか松本クラフトチック?
上の写真ともう少し撮るアングルを変えればよかったな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わあ、素敵な色合い。私の好きな色が集結したって感じです!
もも
URL
2009/06/14 07:14
ももさん、ありがとうございます。
どうも今年はブルー×茶色の組み合わせが個人的に流行しているようで。
今回のものは柔らかいトーンになりました。
kauri
2009/06/14 14:52
いい色なんだね、枇杷って。
いやさ、今闘病中の友人が枇杷を使って治療しているので、枇杷には思い入れがあるのだ。
今日枇杷の苗を庭の片隅に植えました。
そしたら枇杷のマフラーのお話しが・・・
枇杷ってすごいなあ。
こんな綺麗な色が出るんだなあ。
wakabon
2009/06/14 17:21
そう、枇杷ってこっくりしたいい赤茶色に染まるんです。テラコッタのような。
(よかったら、“草木染め”のテーマのところに枇杷染めの記事が載ってますのでご覧ください。)
お友だち、枇杷を使って治療しているんですね。
私もつい色あわせだけを考えていたけど、そうですね、草木染めってその植物のチカラをもらっているんですよね。
そういうことも考えながら、マフラー作っていこうと思いました。
kauri
2009/06/14 19:05
すてきなマフラーですね。
Kauriさんは、糸を紡いでマフラーを作っていらっしゃるんですよね。1本のマフラーにどれほどの手間と時間がかけられているのか、自分で糸を紡ぎ始めて、気が付きました。原毛を洗って、染めて、糸にして、色合わせを考えて…。
そこには、植物のチカラ以上にKauriさんのチカラが込められていると思います。
ますますKauriさんの作品を手にとってみたくなりました。
じぇんね
URL
2009/06/16 15:40
じぇんねさん、いつもありがとうございます。
やっぱりいちから自分で作り出せるというのは、楽しいですね。
きっとじぇんねさんも今その世界にぐいぐい引き込まれているところではないでしょうか?
このスタイルに慣れてしまうと、市販されているものの中から選ぶことの不自由、という事を感じてしまうときがあります。
(これは家を建てるときによくそう感じました。)

以前、
>「自然」と「羊毛」のなかにあって、kauriさん自身が触媒なんだなと思いました。
というコメントを寄せてくださった人がいました。
触媒がうまく働くかどうかは別として、自分のやっている事はそういうことなのかと、はっとしました。
kauri
2009/06/16 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビワ×ブルーのマフラー完成 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる