Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 山のいろ

<<   作成日時 : 2009/10/23 08:13   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像



もうひとつ、ねじねじシリーズです。
山のいろ。
紅葉の赤や、熊笹の薄緑、松の濃緑、遠くにかすむ山なみの青…。
絵を描くというより、これらの色をシャッフルしました。

巻くと、なんだかちょっと外国っぽい雰囲気の色。
印象派の絵の拡大画像、みたいな。
ただ糸をくるくるっと巻きつけるだけですが、ボリュームがあるのでちゃんと暖かです。


画像



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
kauriさま

ねじねじ完璧ですね!
私はまだ習得できていません。
芯糸がでてしまったり、撚りがかかりすぎたり、、、
こんな素敵な作品になっているなんて♪
いつものように色合い素敵過ぎです♪
ENITEN
URL
2009/10/23 09:25
ENITENさま

私のやることなので、テキトーねじねじですよ。
芯糸を目立たないものにすれば、そんなに気にならないかも。

しかしこのねじねじシリーズは、色で遊べて楽しいですよね。
kauri
2009/10/23 14:52
シック。。ほんとー印象派。モロですねぇ!どつぼにはまりました。^^*
マネなんかが描くシルクハットの紳士とかご婦人のストールやらの群れの断片がよぎります〜。
ひとつひとつの粒は自然の中にある色なのでしょうが、巻かれると秋から冬へと向かう市街地とその中の人物らにもなって見えたりする気がします...

少し緑やシアンがかった青が好きなんです(ため息)
青ってよほどきれいなグラデーション掛かってないとニュアンス出すのむずかしくないですか...宇宙の奥行きとかえって無縁なただの平面になって行ったりして。すごく素敵ですー紅系ともしっくり行ってるし〜さすが。
Rei八ヶ岳高原
2009/10/23 16:19
>巻かれると秋から冬へと向かう市街地とその中の人物らにもなって見えたりする気がします...

えー、オモシロイ!
そうやって眺めると、何だか雑踏が浮かびあがってきました。
こういう思いがけない感想をいただけるのが、ブログをやっている醍醐味です。
ありがとうございます。

色であれこれ遊ぶのは大好きですが、まったく緻密な計算とかはないのです。
色がいい雰囲気に見えるのはたぶん、羊毛のもひゃもひゃっとした質感にも助けられているんじゃないかな?と思います。
kauri
2009/10/23 18:28
わあ。ステキ!
糸のもこもこした感じといい、いろんな色の混ざり具合といい。
晩夏から初秋への移り目?それとも、晩秋の野に降りた霜?
自然そのものの色たちに、赤系が混ざっているところが、なんともいいですね〜。

ターバンみたいに、くるくるっと頭にも巻きたくなっちゃいました。
まきchin
URL
2009/10/27 00:32
おー、まきchinありがとう。

色が混ざると面白いよね。
ひとつひとつは山の色なのに、また違った印象が生まれて。

ターバン!
いいかも。
kauri
2009/10/27 07:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山のいろ Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる