Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 敢えて織らずに…

<<   作成日時 : 2009/10/02 08:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

やっぱりアートヤーンも気になって、紡ぎ続けています。
スーパーコイル。
2本撚りにするとき、片方の糸だけに強いテンションをかけて、もう一方の糸はゆるく絡ませ指でギュッとしごくようにすると、コイルのような糸ができあがります(写真左)。

画像


しかし、これがけっこうかったるい。
糸を大量に絡めて挙句の果てはしごくので、作った単糸の10分の1近くに短く縮まってしまいます。
またこの糸の場合吸い込み口近くで紡ぐのが肝要なので、おのずと前かがみにならざるを得ず、とても肩が凝る。
癒しの紡ぎとは言い難い態勢です。
途中で作戦を切り替えて、きれいなコイルにこだわらずぐちゃぐちゃに糸を絡めることにしました(写真右)。
これはこれで可愛いかも。
全く個人的趣味に過ぎませんが。

こうしてできたコイルヤーンとぐちゃぐちゃヤーンをさらに撚り合わせると…。
ただ首にぐるぐると巻きつけるだけで、ちょっとおもしろい雰囲気のアクセサリーになりそうです。

画像


やっぱりアートヤーンは織らない方がいいのかなー?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同じくいろいろとやってみてます(笑)
昨日編み物の先生とお話したのですが
やはりきっちり仕上げるのには向かない???
一本一本の雰囲気を生かす方法で。。。。。
試行錯誤続きそうですね。
でも、これがまた楽しい♪
いまだにキャンプの写真を眺めては
あの盛り上がりを思い返していますし。
またまたこの糸の色合い好きです♪
ENITEN
2009/10/02 09:18
そうか、みんな試行錯誤しているんですね。
Lexiさんが日本に蒔いた種が、いまあちらこちらで芽を出しているってことですね。
そしていろとりどりに花開くのでしょうか?
kauri
2009/10/02 12:21
すっごく斬新で素敵!
シンプルな洋服に合わせたら
ひと味違ったアクセサリーに
なりそうですね
もも
2009/10/02 16:26
ももさん、ありがとう!
やっぱり糸そのものの方がおもしろいですよね。
もうひと練りして、kauriならではのものにしたいんですが。
kauri
2009/10/02 17:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
敢えて織らずに… Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる