Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS きいろに心ひかれて。

<<   作成日時 : 2010/02/02 08:12   >>

トラックバック 0 / コメント 4

このところ、ひつじのナチュラルカラーをいかしたシックな雰囲気のものばかり作っていたので、きれいな色に触れたくなりました。
で、納戸から引っ張り出してきたのは、草木染めのきいろたち。

画像


きいろといえば

カナリア
レモン
蠟梅の透き通った花びら…。

いろんなイメージが浮かびます。



ひと足はやく春を感じたくて、きいろに手が伸びたのかなと思いました。
でも、出来上がった糸を見て気がつきました。

画像




あの冬の日の神宮外苑のイチョウ並木の輝くようなきいろが、私のあたまに残っていたのでした。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
〈緑と黄色のせめぎ合い。
チカチカとした葉っぱのかたちにも心魅かれます。

糸にしてみたいな、とつい思うけれど、今はその気力がありません。
とりあえずは、色のヒントのポケットに。

と、kauriさんは書いていましたね。
覚えていますよ。

ほんとうにいちょう色の、晩秋の色の糸が出来ましたね。
モコモコしたのも、グラデーションの方もどちらも
おもむきがあっていいですね。
どんなマフラーになるか楽しみです。
るんるん
2010/02/02 08:37
るんるんさん

そうなんです。
色のヒントのポケットに入れたままでいたんですが、いつの間にかひょっくり芽を出しました。
確かにこれは晩秋の黄色ですよね。

イチョウ並木の風景が浮かぶような、でもさりげないマフラーになるといいんですけど。
kauri
2010/02/02 16:48
やっと本来のkauliさんに戻ったようですね(笑)黄色!好きですね!(着れませんが)山吹色!儚い黄色!?待宵草?宵待草?夏の河原の薄暮の群生は見事です!!月見草では(ネーミングの)風情がありません(泣)ナゼ、日本人はこんなに色合いに細やかなのでしょうか?色見本の数々に全部?納得出来る名前が付いております。kauliさんに、またまたお願いします。サマー・セーターがあるのなら?春先!秋口!?夏でもクーラーがガンガンに効いている職場の洒落たマフラー(スカーフ)感覚の・な・に・か・を提案してくださいませ<(_ _)>
るんるんの付き添い
2010/02/03 02:51
おー、るんるんの付き添いさん!
その節はほんとうに大変お世話になりました。
おかげさまで元気になりました。

伝統的な日本の色名は、ほんとにゆかしいものがたくさんありますよね。
あんなに微妙な色の差を感じ分けて、そして染め分けるわけですから、すごいです。

そして、またまた難しい(?)課題をありがとうございます。
そういうものが私個人的にもほしいなとずっと思っているんです。
でも、それにはやはりウールから離れねばならず、そうすると私の生命線である図画工作的工夫ができず、ムズカシイ。
でも、これからも頭のすみにこの宿題を置いておけば、いつか芽が出るときも来るかもしれません。
すぐうまくいかなくても、いろいろ副産物があるだろうし。
あたまぐるぐるしてみます。

kauri
2010/02/03 07:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
きいろに心ひかれて。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる