Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 深海のグラデーション

<<   作成日時 : 2010/02/15 07:24   >>

トラックバック 0 / コメント 9

もしゃもしゃマフラーにできることをいろいろ試します。
グラデーションにしたら、どうなるだろうか?

グラデーションといえば、やっぱりこの方。
木村あかりさん。
自然界の微妙な色の移り変わりをすべて草木染めで表現する、グラデーションの巨匠であります。

あー、先輩は偉大すぎるが、何か私なりのグラデーションができないだろうか?
とあれこれ考えた末、思いきりビビッドでケミカルな色でやってみることにしました。

配合を少〜しずつ変えながらハンドカーダーで混ぜては紡ぎ、混ぜては紡ぎの繰り返し。
なかなか根気のいる作業ではありますが、色が少しずつ移り変わっていく糸を紡ぐのはとても幸せな気分です。
あ、このくらいの混ざり具合がいいカンジ、なんて思ったりしながら。

で、出来上がったのがこんな糸。

画像


深海の色。
水族館の色です。

画像


そして、バンクーバーオリンピック開会式の、ブルーに浮かび上がった会場の映像とも重なるようであり。

画像


さて、はたしてどんなものになりますか?
いつもランダムというかフリーハンドな私ですが、今回は緻密(?)な計算のもとに作っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
確かに深海の色ですねー。
先日「オーシャンズ」を観てきたのですが、あの映像の深いブルーを連想させます。
深海と言うほど暗くなく、北極の海ほど澄み切って冷たい感じではなく。
でも、このあざやかな美しさはまさに「海」ですね。同じ青でも空にはない青。すてきです。大好きな色です。
じぇんね
URL
2010/02/15 07:45
ほんとにきれいなブルーですね。
海の色のグラデーション、ステキです。

能登へツーリングに行った時の、
日本海の澄みきったブルーを思い出します。
そして、水族館へ行った時の大きな水槽の色も頭の中を
過ぎりました。

どんなマフラーになるのか、楽しみです。
るんるん
2010/02/15 11:44
じぇんねさん
ありがとうございます。
こんなふうに言っていただいて、とてもうれしいです。
こういう青ってなぜかひきつけられますよね。
色を作っているあいだも、楽しかったです。

るんるんさん
能登へツーリングかー。
かっこいい!
日本海の青も深くて本当にきれいですよね。
さて、この糸をもしゃもしゃしたらどうなりますか、お楽しみに。
kauri
2010/02/15 20:50
はじめまして
紡ぎと八ヶ岳に惹かれ、昨秋から時々お邪魔してました。
『糸が好き』に惹かれます。
もしゃもしゃマフラー
気になってじーっと見つめていますがわかりません
(あたりまえか…)
糸の時の微妙な色をどう生かすか
私の場合、原毛のグラデーションが多いのですが
悩みです。
実物見てみたいです。
仙人
2010/02/16 09:20
仙人さん、こちらこそはじめまして。
コメントありがとうございます。
このもしゃもしゃマフラーは、糸そのものの雰囲気がちゃんと残って、そして色の出方がほぼ自分のイメージ通りにできて、気に入っています。
織りのきゅうくつさからちょっと解放されて、うれしいです。
さて、グラデーションでやるのは初めてなんですけど、どうなりますでしょうか。
原毛のグラデーションもきれいですよね。
kauri
2010/02/16 11:16
はじめまして。
先ほどメールをしましたるいです。
糸の写真からのメッセージがズンと自分の中へ吸収されて心地よくてお邪魔していました。
で、暮に手に入った紡ぎ車を先週アナンダへもっていき
修理していただくことになったので、是非お伝えしなくちゃと思った次第です。
いつも読み逃げでは申し訳ないですものね。

私は糸と布が好きで、海外へもでかけていきますが、ほとんど糸や布を見たい一心での旅行です。
手織りは20数年やっています。中毒といっていいかもです。
日々雑多なことをブログで綴っておりますが、よろしかったらご覧ください。浅見るいで検索していただくとH.P(糸と遊んで色と遊んで)と
ブログ(オアシスへの旅)が出てきます。
そうそう、スピニングパーティーのことが出ていましたが、3年前に客船ターミナルでファッションショーをやらせていただきました。

今度は届きますでしょうか。
るい
2010/02/16 14:17
るいさん
さっそくコメントありがとうございます。
私もるいさんのHPとブログ拝見させていただきました。
手織り教室の作品の自由さなど、すごくいいなーと思ってしまいました。
旅でめぐりあった色を大事にされるというところも、すごく共感してしまいました。

スピニングパーティーはこのところお手伝いで参加してまして、意外と全体は見ることができなくて残念です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
kauri
2010/02/16 17:06
こんばんは〜
kauriさんの色使いがしっくり自分の中で広がり、安心すると言いますか、おだやかな気持ちにさせられます。
手織りをやっていらっしゃる方でも素直に気持ちが向いていく方とそうでない方がいらっしゃるなかで、
kauriさんの色調、素材感がピタっときます。
アナンダのつながりやスピニングパーティーのつながりも何か引き寄せられるものがあったんだと思います。
こうして思いのたけをぶつけられることも大変うれしいことです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
リンクさせていただいていいでしょうか。
(やり方思い出せるかが問題)
るい
2010/02/16 21:35
るいさん
そんなふうに言っていただけて、光栄です。
やっぱり私は色が好きなんですね。
ひつじのナチュラルカラーももちろん好きだけれど、それだけだと私にはちょっとストイック過ぎます。
しかし、アナンダにはまる人にはどこか共通のにおいがありますよね。
不思議なご縁でつながってうれしいです。
リンクもどうぞよろしくお願いいたします。
kauri
2010/02/16 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
深海のグラデーション Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる