Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 春を待つ色 2010

<<   作成日時 : 2010/02/08 07:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

立春を過ぎた今時分になると、春を先取りするようなきれいな色合いに触れたくなります。
しかしブログを書いていると、自分が毎年同じ季節に同じことを繰り返しているのがよくわかります。
(ちなみに1年前の「春を待つ色」は、こちら。)

画像


コチニールで染めたピンクとヨモギの緑のバリエーション。
さっそく糸に紡ぎます。
スパイラルヤーンにしました。
毛糸だまにして並べたら、なんだか葉牡丹のよう。

画像


この色の取り合わせはとても好きで、これまで何度かマフラーにしてきました。
ところが、これがけっこう難しいんです。
原毛の状態で並べるととってもいい色なのに、これを双糸にしたり織ったりすると、いきいきしていたはずの色が混ざってくすんでしまうんです。
つまりピンクと緑の絵の具をパレットで混ぜるようなものですね。

春の山は決して混ざって濁ることなく、これらの色合いが共存してお互いをひきたて合っているのになー。
あんな雰囲気のものが作れないか。
と、何度も試行錯誤してきました。

さて、今年はどうなるでしょうか?
春色のイソギンチャクを作ろうと思うのですが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
春を待つ色・・・ベビーピンクのマフラーが私の所へ来て、もう一年になるんですね。
織りを始めた頃に、kauriさんのマフラーに一目ぼれして、
無理を言って譲ってもらったんですよね。
とっても可愛らしい色で、もちろんマフラーも可愛らしくって、真冬の寒々とした襟元に花が咲いたようでした。
あのマフラー、手触りもごくいいんです。
赤ちゃんのほっぺみたい。
もちろん今でも、愛用していますよ。

スパイラルヤーンになった、糸もすごくかわいいですね。
どんなもしゃもしゃマフラーになるのか、楽しみにしています。
るんるん
2010/02/08 08:57
ほんとですねー。
あれからもう1年経つんですね。
その後、作品展に二度もお越しいただいて…。
ブログやっていて、良かったなーと思います。
ほんとにいつもありがとうございます。

さて今年の春色はどんなふうに仕上がるでしょうか。
kauri
2010/02/08 22:11
わー素敵素敵!!

今日はお尋ねしたいことがあってお邪魔しました。
犬の毛(コリー)を紡ぐことは出来るのでしょうか。
友人に相談されて…。
虹子
2010/02/09 03:13
虹子さん

コリーの毛は触ったことがないのでわかりませんが、以前トイプードルと柴犬の毛は紡いだことがあります。
表面の毛はツンツン直毛で短くても、皮膚に近い部分のダウン状の毛があれば、とりあえずからんで糸にはなってくれます。
その際強めに撚りを入れることが大切です。
ただ、織りのタテ糸に使える強さがあるかは、?マークです。
ワンちゃん100%の単糸では、厳しいかもしれません。
やってみないと、何ともいえませんが。
kauri
2010/02/09 07:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春を待つ色 2010 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる