Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 春色のイソギンチャク

<<   作成日時 : 2010/02/09 11:59   >>

トラックバック 0 / コメント 11

画像


春色のイソギンチャクです。
なんだか、和菓子のようでもあり。

巻いた姿は…。

画像


画像


斜めの日差しを受けて色がややとんでしまっていますが、やわらかい雰囲気がでているのでこのまま採用。
本当はもう少し濃い色味です。

問題のピンクと緑の関係は、くすむことなくお互いをひきたてあって、なかなか良好。
ちなみに、濃い目のモスグリーンのみ化学染めです。
緑は淡い色ばかりでぼやけ気味だったので、ひきしめ役として加わってもらいました。

このもしゃもしゃマフラーは、ほぼ自分の思い通りに色が出せて気に入っています。
おり絵さん、すばらしいヒントをありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁー、ぐるぐるになっていると、桜餅みたい。
かわいい色ですね。
トルソーに巻いた感じは、紅梅みたいで、これから春がやってきますよって言ってるみたいです。

襟元の部分の色使い好きですよ。
るんるん
2010/02/09 13:39
赤のグラデに挟まれてるあわいグリーンが最高ですね。ほんと春色!
なんだかとってもラブリーです。
Rei
2010/02/09 15:34
るんるんさん
 
やわらかな感じが、ほんとになんだか和菓子みたいですよね。
このスパイラルヤーンは甘撚りで原毛に近い状態なので、実際触った感じもとてもふんわりしています。

それにコチニールのこのピンクは確かに紅梅の色ですね。
紅梅の匂いがしてくるようだといいなー。

Reiさん

ちょうど今日はまったく春の陽気で、イソギンチャクたちも喜んでいるようです。
今までなかなか思うようにいかなかった緑とピンクの関係が、やっとイメージにほぼ近いかたちで出来上がりました。
きれいな色のものって、作っているあいだも幸せな気分になります。
kauri
2010/02/09 19:04
柑橘の草木染の記事の検索でたどり着きました。
あわわ、もしかしてこの家は・・・?以前白州から
お嫁にだしたピンオークが育っているお庭では・・・?
その節は大変お世話になりました。白州花壇の
スタッフです。

素敵な糸と作品と、楽しい芝問題の記事、ついつい
読み込んでしまいました。
(敗北宣言のあとで何ですが、個人的には私も
野原党へ一票です。)
紡ぐのをはじめたばかりで、細くなったり
切れちゃったりばかりの時間に気持ちがくじけ
かかっていましたが、kauriさまの糸に勇気を
もらうことができました。ありがとうございます。
また読ませてください。
heuchera103
2010/02/09 20:23
今日、ギャラリー犀で
はじめて「もしゃもしゃシリーズ」の本物見て
さわって… やっぱり、面白かったです!
そして、これもいいね、キレイ。
これからも楽しみにしてます!
大久保かおり
URL
2010/02/09 21:54
すてき!ステキ!素敵!
爽やかでいてゴージャス!配色も素敵ですが スパイラルヤーンの効果絶大ですね!人様の作品ですのにとってもうれしくなっちゃいました 今年初の機上げを終えたばかりですが 明日からの糸遊びに弾みがつきました  
baobabu
2010/02/09 22:28
もう一つの宿題・・・・香り立つ。
春の香りが漂う作品になったと思いますよ。
ほんと、紅梅のいい匂いがしているようですね。
るんるん
2010/02/09 23:19
heuchera103さま
まぁなんと、こんなところでお会いするとは!
という感じですね。
こちらこそ大変お世話になりました。
白州花壇さん、とてもいい雰囲気で大好きです。
最近足が遠のいてしまいましたが。
紡ぎ始められたんですね!
今度みちばたハウスにぜひ紡ぎに来てください。
他のみなさまにもどうぞよろしくお伝えください。
kauri
2010/02/09 23:26
大久保ちゃん!
今日はありがとう。うれしかったです。
久しぶりにゆっくり話もできて。
bando-bandの活躍、絵本、そして“Kaoも歩けば某にあたる”も楽しみにしています。
kauri
2010/02/09 23:28
baobabuさま
いやー、こんなふうに言っていただけて、ほんとにすごくうれしいです。
ありがとうございます。
これ、自分でも実は自信作だったんです。
これからもいろいろモシャモシャしてみます。
kauri
2010/02/09 23:31
るんるんさん
本当ですか?
うれしいなー。
ありがとうございます。
でも、るんるんの付き添いさんの宿題は、「ひなたのどこか懐かしい匂い」とか、かたちとしてとりとめのないイメージも含んでいて、なかなかチャレンジングであります。
まだまだ手探りが続きます。
kauri
2010/02/09 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春色のイソギンチャク Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる