Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS キャメルを紡ぐ

<<   作成日時 : 2010/03/25 08:37   >>

トラックバック 0 / コメント 7

今度はキャメルを紡いでみました。
淡いベージュでひつじにはない色。
色合いといい、毛足の感じといい、何だか“身近な動物シリーズ”を紡いでいる気分になります。

画像


こういう繊維が短くて揃っていない毛は自然とカオス状態になるので、もけもけと軽い糸ができます。
紡いでいて実に気持ちいい。
ただ、繊維が短いので回転比は高めにします。

双糸にしました。

画像


ところでこの淡いベージュのキャメル、昨年の冬にアナンダで買ったのですがもう完売とのこと。
リピートはしないようです。
もっと買っておけばよかったと思っても、もう遅い。
(アナンダのサイトをチェックしたら“キャメル再入荷”となっていたけれど、これのこと?
それとも以前から定番のキャメル色のことなのかしらん)



ところで私はもっぱらアナンダで素材を買ってきましたが、ウールの定番もいつの間にかずいぶん減ったような気がします。
前はもっと面白いひつじの毛がたくさんあったのになー。

ハードウィックなんて、マフラーにするにはとても無理なザラザラの粗い毛だけど、好きだった。
ウルグアイもいい感じの茶色のミックスで紡いだ感じもよく、気に入ってたのに。
フランスも以前はもっと微妙な色のバリエーションがあったし。
(これらの糸を使った作品はこちら。)

だいたい、ウェッブが突然なくなってすべてロールの状態になってしまったところも実は納得いきません。
ロールだとちょっと繊維が揃い過ぎなんだよなー。
(注:こちらはひつじの品種のことではなく、ウールの加工状態の話です。)

なんて、すっかり文句屋になってますが。
残念です。

しかしそうは言っても、あれだけの幅広い品揃えをしている羊毛屋さんは他にはなかなかないし。

うーん。
やっぱりおもしろいものを作ろうと思ったら、いいフリースをもっと本気で探すということになるのかな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
なんて柔らかな色なんでしょう!
これはらくだのどの部分なのでしょう?
肌触りもとっても良さそう
じじ
URL
2010/03/25 11:54
これはダウン部分の毛ですね。
とてもふんわり柔らかです。
私はこの新色に飛びつきましたけど、以前からある定番の“Theキャメル”という色のものもとてもいいです。

ウールを紡ぐのとはちょっと勝手が違って最初は戸惑うかもしれませんが、コツがつかめてくるとこちらの方が「紡毛ってこういうことだったんだ。」と実感できる気がします。
これが紡げれば、うちの子毛糸もいけると思います。
kauri
2010/03/25 15:28
こんにちは。
キャメルは紡いでみたかったけど、難しいかな〜としり込みしていたんですよね。
kauriさんの記事を読んで、思い切ってチャレンジしてみようかな?って気持ちになりました。アナンダさんに電話してみようかな〜。
じぇんね
URL
2010/03/26 05:18
ぜひ試してみてください。

ウールの時より紡ぎ車の回転比を上げること。
そして、ゆっくり少しずつ引きのばして糸っぽくなってきたら、糸になっている部分の端を指でしっかりつまんで(ふわふわ部分には撚りがいかず、糸だけに撚りがいくように)足だけ踏み続けてひと呼吸待つこと。
(撚りが入って糸がしっかりしてきてからでも、かなり引きのばして太さを均等にすることができますからあせらずに。)
そして、最初はあんまり細く紡ごうと思わないこと。
はじめは太さは気にせず、繊維が絡んでいく感じをつかむといいと思います。
キャメル自体の繊維が細いので、慣れてくればおのずと細い糸になりますが、最初から細いのを狙うと切れたりするかも。

ちょっと注意点が長すぎました。
(しかもこうして文字だけで説明するのは難しいですね。)
でもまずリラックスしてやってみて、うまくいかないことがあったらこのことを思い出してみてください。
kauri
2010/03/26 08:28
アドバイスありがとうございます。
早速アナンダさんに注文しました。
そうしたら、
「サイトにはアップしてないけどベージュもありますよ」
と言われました!kauriさんの糸と似た色かも…?
よかったら問い合わせてみて下さい。
じぇんね
URL
2010/03/26 15:48
じぇんねさん、さっそく情報ありがとうございます!
よーし、買い占めるか。
kauri
2010/03/26 20:42
おはようございます!
遅レスになってしまってごめんなさい。

>ウールを紡ぐのとはちょっと勝手が違って最初は戸惑うかもしれませんが、コツがつかめてくるとこちらの方が「紡毛ってこういうことだったんだ。」と実感できる気がします。
>これが紡げれば、うちの子毛糸もいけると思います。

おおおお〜〜
そうなのですね。ドキドキ♪
ぜひトライしてみます!
じじ
URL
2010/03/29 06:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
キャメルを紡ぐ Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる