Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 五月闇

<<   作成日時 : 2010/05/21 07:10   >>

トラックバック 0 / コメント 13

紫陽花色の糸でもしゃもしゃしてみました。
やはりこちらの方が紫陽花らしいか。

画像


巻いた姿はこんな感じ。

画像


東京では桜並木も鬱蒼とした雰囲気になってきました。
五月闇(さつきやみ)。
俳句で使われる本来の意味とは違うようですが、私は光輝く五月の青葉が作る濃い影を見ると、なぜかこの言葉を連想してしまいます。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
もしゃもしゃをぜひ今度拝見したいです。
それにしても
kauriさんの作品の色合いはどれも素敵です。
ため息でます。
ENITEN
2010/05/21 07:40
ありがとうございます。
今度実物ぜひ手にとってみてください。

私、ENITENさんの色遣いも大好き。
どこか外国っぽくて、センスいいなーっていつも思います。

イベントももうすぐですね。
湘南の風に吹かれて、がんばってください!
kauri
2010/05/21 07:56
もしゃもしゃマフラー、まさに紫陽花って感じ。
私、これすごく好きですよー。
見てみたい、さわってみたい。
そして、その感性が羨ましい。
るんるん
2010/05/21 08:29
るんるんさん

ほんとですか?
ありがとうございます。
るんるんさんのようにお花を愛している方にそう言っていただくとうれしいです。

私としては、こうやってもしゃもしゃっと色を混ぜたいわけですが、織るとどうしても「あー、結局縞柄じゃん。」と思ってしまう…。
やっぱり私、織りに向いてないのかな、とかいいながらやってます。
kauri
2010/05/21 09:34
マラルメ、マネなんかは事物の再現より効果を描出して、媒体(言葉とか筆致)のもつ喚起力・暗示力そのものを図に起こしたけど、kauriさんの場合は、色合いの面では「再現」させられているのに、質感の面ではそのもともとのもつ媒体と全然違うものへと「変換」させられたのを同時に見せてもらえるからまた、二義的に面白いな。
バッチシ、あじさいの世界じゃ〜!
トルソーにまく前のほうが赤みがかって見えますね。
どちらのあじさいも現実にありますよね〜
Rei
2010/05/21 09:44
うーん、確かにそういう部分あります。
糸の段階での色の再現までは自分の意図が働くけど、そのあとウールで織ると
>そのもともとのもつ媒体と全然違うものへと「変換」
ということが起きます。
これは予想外のことが多く。

そこにフラストレーションたまったり、おもしろかったりします。
kauri
2010/05/21 10:48
うす紫がきれい〜
なんだか汚れのない乙女を見ているようで、直視できない私がいます。
るい
2010/05/21 17:59
いつも 自在に イメージした物の 色彩表現に感嘆の思いで見せていただいているのですが 空気をはらんだ手紡ぎ糸の美しさを留めておくには この表現 大好きです(勝手にごめんなさい) 機あげした後の経糸に見とれて 緯糸を入れることを躊躇する(要するに布にする自信のなさですが)事しばしば・・・ kauriさん 美しい!
baobabu
2010/05/21 20:57
るいさん

>汚れのない乙女

なんて、言われると動揺してしまいますが、自分の作るものと自分のキャラとのギャップに自分でも驚く事が多いです。

baobabuさん

>機あげした後の経糸に見とれて 緯糸を入れることを躊躇する

baobabuさんでもそういうことってありますか?
(うれしい驚き!)
私の場合、経糸と緯糸が折り重なって更に魅力を増す、っていう織りの醍醐味がなかなかわからずに悪戦苦闘しています。
なんと言っても30羽オンリーの世界ですから。
でも、これからもへんてこりんなことを自力で考えてみるやり方で、いけるところまで行ってみたいと思っています。

kauri
2010/05/21 23:37
本当に紫陽花みたいです!
花の首飾りってこれ?と思いました。
色も糸のデザインも質感も、こうなるために創られたって感じがします。

あ〜〜ん、皆さんみたいにステキな表現ができない〜〜。
じじ
2010/05/22 06:42
じじさん

お忙しい中、コメントありがとうございます。
このもしゃもしゃシリーズ、不思議とフローラルな感じがしますね。

>色も糸のデザインも質感も、こうなるために創られたって感じがします。

なんて、褒めすぎです!

来週から染色のコースも始まるとのこと。レポートすごく楽しみにしています。
kauri
2010/05/22 10:17
ほぉぉ〜!
まさに紫陽花です!
この一部が・・・a.mんちに!
何だか自慢です。
ありがとうございました〜。
↑の器の色美しすぎます。
この器のフォルム先日有田陶器市で買った
白い器にホントそっくりです。
a.m
2010/05/22 21:02
a.mさん

こちらこそ、あんなにすてきな写真で紹介していただいて、うれしかったです!
ありがとうございます。

ルーシー・リーの器、すてきですよねー。
オブジェといったたぐいはほとんどなくて、コーヒーカップだったりお皿だったり花瓶だったり、ほんとに使ってみたくなるものばかりなんです。
「全部ください。」って感じでした。

a.mさんのところは、うつわの本場でいいなー。
うらやましいです。
kauri
2010/05/22 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
五月闇 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる