Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS コチニール1号

<<   作成日時 : 2010/07/28 06:51   >>

トラックバック 0 / コメント 10

紡ぎカフェで染めたコチニール。
やっとマフラーになりました。

画像




これは昨年“夜桜のマフラー”として作ったものの焼き直し。
前回は墨色に染めたメリノを使いましたが、今回はシェトランドのナチュラルグレーで行ってみました。
もけもけっと起毛して、またちょっと違った風合いになりました。

画像




織り始めたところも写真に収めました。
蛍光灯の光の下なので、色合いがちょっと違って写っていますが。
立体的な感じがしますね。

画像


これを縮絨すると、目が詰まってもう少しストライプがはっきりしてきます。
線もゆらいだりにじんだりして、味が出る。
(これも個人的好みに過ぎませんが。)

画像




さてコチニール1号ととりあえずは名づけたものの、2号は果たしていつできるのだろうか?



<追記>

るんるんさんが、淡墨桜の画像を送ってくださいました(コメント欄参照)。
何という威厳のある姿でしょう。

他の方にもぜひ見ていただきたくて、暑いさなかではありますが紹介させていただきました。


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
これおもしろい。全体にほどよくびみょ〜なうすーーい赤紫のフィルターがかかってみえる。。
Rei
2010/07/28 08:11
Reiさん

ほんとですね。
これはやっぱり縮絨のせいなのかしら?
縮絨前の写真はもっとくっきりしてますもんね。

あとは織り方による色の混ざりぐあいで目の錯覚みたいなことが起きるのだろうか?
kauri
2010/07/28 08:41
あじろ織りも、kauriさんの手にかかると
色っぽくなりますね。

岐阜の根尾に、淡墨桜という大きな老木の桜が
あります。
咲いてから散るまで、淡いピンクから墨色へと
段々と色がかわっていくんですよ。
今年ま春も見に行ってきました。

その淡墨桜が思い浮かびました。
るんるん
2010/07/28 08:43
るんるんさん

本人は色気ゼロなんですけどね〜。

淡いピンクから墨色へと色が移り変わって行く淡墨桜の話、とても心ひかれておりましたら、さっそくお写真お送りいただきまして、ありがとうございます。

すごいですねー。
見事です。
威厳が感じられますね。
実物を目にしたら、どんなだろう?って思います。

ありがとうございました。
kauri
2010/07/28 09:19
写真載せていただき、ありがとうございます。
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・

威厳があるけれど、優しい女性を思わせる
桜ですよ。

ぜひ一度見に来てて下さい。
案内しますから。
るんるん
2010/07/28 10:26
みごとな姿なので思わず紹介させていただきました。
ありがとうございます。

>威厳があるけれど、優しい女性を思わせる
桜ですよ。

そうなんですかー。
いつかチャンスがあったら見てみたいなー。
kauri
2010/07/28 12:54
これって今咲いてるんですかもしかして。。。
Rei
2010/07/28 18:07
そしたらもっと大ニュースになってるかも♪
kauri
2010/07/29 07:33
はじめまして。数週間前からお邪魔させていただいてます、すぎもとといいます。

今日やっと「手紡ぎの仕事」カテゴリーが全部読み終わりました。最近本格的に紡ぎ始めたので、こちらの日記でたくさんの刺激をいただいています。手染めの自然の色たちがホントにステキですね。次は草木染のカテゴリを読みたいと思います。またお邪魔します。
おすぎ
2010/07/29 22:21
おすぎさま

はじめまして。
手紡ぎの記事、全部お読みいただきましたとは!
本当にありがとうございます。
(胃もたれや胸焼けを起こされていないか心配になりますが。)

糸紡ぎ(そして草木染めも)、本当に楽しいですよね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
kauri
2010/07/30 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
コチニール1号 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる