Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS もうひとつのピンク

<<   作成日時 : 2010/08/16 07:20   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


ふたたびコチニールに戻ります。
ワインカラーに染まったシルクジョオゼットをひつじの茶色に合わせてみたいと思ってしばらく棚上げになっていたものが(糸の状態はこちら)、やっとかたちになりました。



茶色とピンク。
チョコレート&ラズベリーを連想させる、どこか美味しそうな色です。
例によって、モヘアやリンカーンのくさり編みなども織りまぜながら。

ちょっと外国っぽい色合わせになりました。
同じピンクでも、和の雰囲気ただよう淡墨桜のマフラーとはまたちょっと違った趣です。

画像




久しぶりにトルソー登場。
巻いた姿はこんな感じ。

画像



画像



なんだかんだいっても、ピンクってやっぱり女ごころをくすぐる色なのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確実に作品にしていく姿勢と、
作品のイメージの明確さ。。。。
やはり見習うまでには長い道のりが必要なようです。。。。。当たり前ですが。。。。。
ENITEN
2010/08/16 10:13
ENITENさん

いやいやそんなー。
でもせっかちな性分なんで、一気に完成形まで持ってきたいって習性はありますね。
リジッドでマフラーを織るというのは比較的短期決戦で、「こうしてみたい!」というテンションを維持したまま一気に形に出来るところが私には向いているのかもしれません。

いっぽう、完成形なんかいっさい気にせずにとにかく自分の殻を破った糸を作るという、レクシーさんのあのアートキャンプでの体験も非常に刺激的でした。
あれやってみると、自分がすごく計算高いんじゃないかなんて思っちゃう。
kauri
2010/08/16 13:25
とってもかわいい!!いいなーこれ^^ すきまだらけのところも素敵ー。
Rei
2010/08/17 16:50
Reiさん、ありがとうございます。

けっこうピンクがはっきりしているんですけど大人っぽい雰囲気もあり、私も実は気に入っています。

すきま、ちょっと“抜け”が出来ておもしろいでしょ。
kauri
2010/08/17 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうひとつのピンク Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる