Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS マンクス・ロフタンを紡ぐ。

<<   作成日時 : 2010/09/21 07:30   >>

トラックバック 0 / コメント 7

スピニングパーティーの戦利品、マンクス・ロフタン。
遠い昔、アイリッシュ海に浮かぶマン島にバイキングが持ち込んだ羊と言われています。
羊とバイキングの縁は深いですね。
以前アイスランディック・シープを調べたときにもやっぱりバイキングの名前が出てきました。





さっそく紡ぎます。
私は洗毛してカードがけしてあるものを買ったので、とても紡ぎやすいです。
ゴミも少ないし。
繊維短めでウェッブのような状態なのが超好み。
自然に軽めの糸ができます。

画像







これを織って、縮絨したらこんな感じ。

画像



原毛のときの感触がスポンジー(ぼよんぼよんとした強い弾力があること)だったので、酒井さんのサッチェビみたいな感じになるのかな?と思っていましたが、もう少しおとなしい雰囲気に仕上がりました。
ときどきぷつぷつっとネップが入って素朴な味わいです。
サッチェビよりも縮みました。
(でもこれも個体差があり、あくまでも私が扱ったものの比較ということですが。)
肌触りもまずまずふんわり柔らかです。

それにしても、織り上がったマフラーを首に巻いてみて「快」と感じる気温にやっとなりましたねー。






ところで、猫にもマンクスという種類がいることをyannさん(うちの子シリーズでおなじみ、メインクーンのあのゴージャスな毛の提供者さん。あっ、ふつうはメインクーンの飼い主さんと書くのか)から教えてもらいました。

ググってみると、やっぱりマン島出身なんですね。
バイキングって猫も飼ってたりしたんだろうか?
ないよな、それは。
だけどマン島を根城にしていた海賊が帽子の飾りとして長いネコの尻尾をみんな切り取ってしまってマンクスには尻尾がないって伝説もあるそうで、おもしろいですね。
ちなみにこの猫のマンクスちゃん、分厚く柔らかなアンダーコートをお持ちのようで、うちの子シリーズとしても行けそうです。


って話が飛びましたが、今日私が紡いで織りあげたのはひつじのマンクス・ロフタンですから、どうぞ混乱のないように。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
メインクーンとそっくりな(あるいはメイクーンのルーツともいわれる)ノルウェージャンフォレストキャットという長毛のネコはバイキングのペットだったとか。
昔の船は航海中の食料をネズミから守るためにネコを船に乗せていたとも聞きます。
実用的な理由も大きかったんでしょうね。(^-^)

maiko
2010/09/21 12:34
maikoさん

えー、そうなんですか。
面白い!
羊の起源をたどって行くとバイキングがよく登場するのですが、猫とも縁が深いんですね。

>昔の船は航海中の食料をネズミから守るためにネコを船に乗せていたとも聞きます。

なるほど〜。
何だか想像力の翼が羽ばたいてわくわくします。

面白いお話教えてくださって、ありがとうございました!
マンクスつながりで猫の話を書いてみて良かったです♪
kauri
2010/09/21 12:59
うちにはノルウェージャンもどき(拾ったために血統は不明)のふっさふさの長毛猫がおりまして。
拾った当時は赤ん坊だったために気がつかなかったのですが、だんだんふわふわになってきたのでどういう猫なのか調べたところ外見はノルウェージャンそのものとわかり。そのときに彼らのルーツなどの記述を目にしました。
この子の柔らかなふわっふわの毛を紡ぎたいというのが私のひそかな野望でして。
実はつい最近のことですが、猫の毛を紡いで何かを作ったりしている人がいないか探していてkauriさんのブログを見つけ、素晴らしいマフラーの写真などを見て勇気百倍、勢いでアナンダさんで糸紡ぎの講習を受け、ただいま練習中(いやスピンドルで悪戦苦闘中)なのです。
kauriさんの作品展、楽しみにしてます。


maiko
2010/09/21 14:17
maikoさん、そうでしたか。
このブログとmaikoさんをつなげてくれたのも猫だったんですねー。

猫毛は面白いですよー。
繊維が短いので最初は難しいかもしれませんが、慣れてくればいつか必ず紡げます。

作品展でゆっくりと猫&紡ぎ談義したいですね。
kauri
2010/09/21 17:26
はい。楽しみにしてます!
作品づくりがんばってくださいね。
maiko
2010/09/21 21:13
我が家にはメインクーンがいます。
kauriさんのうちの子シリーズを見て、時には過剰にブラッシングをして(アイちゃんごめん)150g位毛が貯まっています。フェルトボールを作ってあげたら楽しそうに転がしていました。
袋に入れておいただけでフェルト化してしまって、羊とカードして紡ごうかと思案、そのままになっています。

マンクスのマフラー、原毛そのままに魅力的。
原毛を横目で見ながら他の毛を紡いでいる身には、我慢大会みたいな画像です。
誘惑に負けて、また一時中断の糸が増えてしまう…
仙人
2010/09/22 13:30
maikoさん、ありがとうございます!
がんばります!

仙人さん

そうですか、仙人家にもメインクーンが!
実にみごとな毛並みですよねー。
私もブラッシングした毛をいただいたのですが、かなりかちかちにフェルト化しているように見えても手で簡単にほぐれました。
私は手でふわふわにほぐした程度で回転比を高くしてメインクーン100%で紡ぎました。
多少スラブっぽい感じになりますが。
で、私の場合はいつも双糸にします。

ふふふっ、マンクスいいですよ〜♪
2歳の子の毛の風合いはどんなかしら?
お気持ちすごくわかります。
私もすぐに浮気したくなる…。
kauri
2010/09/22 15:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンクス・ロフタンを紡ぐ。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる