Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 羊毛の山に手をつける。

<<   作成日時 : 2011/07/10 16:42   >>

トラックバック 0 / コメント 8

今回の引越し作業でいちばんオソロシイのが、巨大に膨れ上がった羊毛の在庫整理です。
意を決して取り組み始めました。
まずはフリースから。


“一期一会”なんて言ってちびちび買っているうちに、いつしか自分でもとうてい把握できない量に達していました。
これらを一つ一つ空気を抜いて圧縮します。
何だかアナンダの店員に戻ったようだ。


フリースの全貌。
(写真じゃわかりにくいかな? とにかくすごい数!)

画像



でもこうして一つ一つ透明なビニールに入れてきちんと色分けもしくは品種に分けて整理すると、在庫が一目瞭然でわかりやすい。
これを常にキープしたいものです。



ちなみにこのフリース以外に

白の羊毛各種
草木染め羊毛
化学染め羊毛
獣毛、シルク類
糸類
完成品

の整理が待っています…。




さて、これらの羊毛をみちばたハウスの名ばかり工房に納めるわけですが、果たしてキャパは足りているのだろうか?
一応こんなふうに羊毛用の棚は作ってあるのですが。

画像




そして、いざ現実にこの収納を使う段になって気づいたこと。

ここは(というか、そもそもみちばたハウス全体が)ものすごく日当たりがいいのです。
4年こちらで週末生活してみて、八ヶ岳の紫外線の強さをつくづく思い知りました。
濃い焦げ茶色のひつじの毛すらすっかり脱色されてしまう事実。
草木染め羊毛などとても恐ろしくて置く気になれません…。
褪色対策に一考が必要です。



さらに、自然がいっぱいの八ヶ岳には当然虫も多い。
完成したマフラーや手紡ぎ糸たちが虫食いになったらもう立ち直れません。
この点も万全の体制を整えねば。



というわけで、東京ではしなかった心配をいろいろしなければならなくなりました。
でもアナンダだって同じ環境で羊毛を保管しているわけだしねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おおおおおおお・・・・・
写真のビニール袋の容量が、仮に20Lとしても、すごい量ですう。
その上まだ染め羊毛と白があって、作品があって。。
やはりkauriさんの在庫はただならないですね

加えて虫さん対策&紫外線対策を考えると、収納棚より納戸が欲しいぐらいですね!!
じじ
2011/07/11 06:05
うひっ♪とにやけた私です(笑)
ご無沙汰してます〜暑さに負けずにkauriさん見習って
断捨離します。。。。。
ENITEN
2011/07/11 08:38
じじさん

そうか、タバコの箱(古典的!)を置いておかないと大きさがわからないですよね。
あの袋一つ一つが20Lだったらさすがに私も死にます…。
200〜300gくらいのものがむやみにあるんです。

みちばたハウスの収納は少なすぎたかな?と思いましたが、あの棚に入るくらいの量でとどまっている方が人間、生きやすいです(もう達観)。

あとは紫外線対策ですねー。
kauri
2011/07/11 09:12
ENITENさん、こちらこそご無沙汰です。

もう待ったなしの断捨離。
日頃からやってれば、なんて言うのはもう後の祭りでして…。
でもこれは崖っぷちに立たされないと出来んもんです。
kauri
2011/07/11 09:17
うーん、なんか、分かる気がする。
こういうのって、物理的に必要な量だけあればいいってもんじゃないんですよね。
クリエイティビティにはそれ以外の「余白」というか「アソビ」び部分が必要なわけで・・・
実際には要らなくても「目が欲している」ってやつですね。
それが創作のフックになったりすることもあるし。
でもそんなこと言って目を甘やかしてたら、家がいくつあっても足りないもんなあ。
うーん。。。
yann
2011/07/11 19:08
yannさん

そうなの、そうなの!
と思わず深く何度も頷いてしまいました。

定番作っている限りは“物理的に必要な量”でいいわけなんですけどね。

やっぱりひつじって実際触って紡いで縮絨までもっていかないとわからないことだらけで、まずは試してみるしかないんですね。
で、気がついたらこういうことになった。

その予想外な感じがきっとアソビや余白や創作のフックになるんだわ、ってあらためて思いました。

でもそうなんです。
ひつじ御殿建てるわけにはいかないわけで。
kauri
2011/07/11 19:28
ちょっとご無沙汰してました。
久しぶりにお邪魔したら、ニヒニヒ笑ってしまいました。
お互い…仕方ないですよぉ〜ねぇ〜〜(笑)
kana
2011/07/14 09:57
おぉkanaさん!
コメントうれしいです。ありがとうございます。

そうなんですよねー、こればっかりはもう。
でも糸は見せる収納も素敵ですよね。
(まぁそれも量によるか。)
kauri
2011/07/15 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
羊毛の山に手をつける。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる