Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりのグラデーション糸作り

<<   作成日時 : 2012/06/02 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 3

今回は八ヶ岳での滞在時間が比較的長いので、手間のかかる糸に久々にとりかかってみることにしました。
10段階のグラデーション。

画像


こうして少しずつ配合を変えた2色の羊毛を、ハンドカーダーで根気強く混ぜてゆきます。
時間はかかるけど、けっこう楽しい作業です。
頭からっぽで没頭できるところがいい。



少しずつ青みが差してゆく。
波打ち際のイメージ。

画像




これを一本の糸にしてゆく。

画像




私の場合は双糸(2本撚りの糸)にするので、この作業をもう一度繰り返します。
気長な話ですが、グラデーションの師匠木村あかりさんに比べれば、使っている色も2色だし、工程はだいぶ簡略化されているし、そもそも紡ぐ糸の量がさほど多くはないわけでして。
O型の私にできるのはここまでか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
双糸にするときに色がずれないのですか?凄すぎ!
私はそれができないので、グラデーションの糸はいつもナバホ撚りにしてしまうのです。
今も、白、茶、緑の順で綿を紡いでいるのですが、またナバホ撚りにするかずれてもいいから双糸にするかで迷ってます。
すぎもと
2012/06/03 14:08
すぎもとさん、お久しぶりです。

はいはい、多少はずれます。
でも逆にそれが色のつなぎ目を滑らかにしてくれる気もするんですね。
グラデーションには確かにナバホ撚りが適していますよね。
どちらを選ぶかはやっぱり用途によりますかねー。
ナバホだと3本撚りなので織りにはちょっと太いかなーと思って、私の場合は双糸にしています。
kauri
2012/06/03 16:09
あれっ?
3本撚りじゃないかな?
ナバホ撚りは儚い単糸だとうまくいかなそうで、あまりちゃんとやったことないです。
いいかげんなこと書いちゃいけませんね。
すみません。
kauri
2012/06/03 16:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりのグラデーション糸作り Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる