Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS グラデーションは続くよ。

<<   作成日時 : 2012/06/08 11:28   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先日完成した“波打ち際”の繊細なグラデーションの糸。
さっそく織ってみたところ、見事にグラデーションが消えました…。
久々に「ヨコ糸消えて!」と叫びました。
やっぱり繊細なグラデーションは織りよりニットに向いているのかも。


うーん…。
がっくりは来たけれど、ここで終わりにしたら失敗した甲斐がないしなー。
乗りかかった船、ある程度納得行くまでグラデーションと付き合ってみることにしました。



というわけで、今回はコントラストの強い2色でやってみた。
メリノのTOP 白 × 手作りメリノ ダーク。

画像


さすがに今回はメリハリついただろう。
でもこれだけコントラスト強い2色だと混ぜむらも出やすいし、こげ茶の羊毛だけがネップになって固まってしまったり。
これはこれであらたな問題多し、です。

ちなみにこれで半分。
ここからさらにこげ茶に傾きます。




〈オマケ〉

今日の朝食。

画像



5分前まで畑に生えていたレタスが食卓に上ります。
パリッ、しゃきしゃき、おぉこの歯触り!
そして柔らかくてみずみずしいこと!
生きている。
(というか、レタスはまだ畑にいるつもりなんじゃないかしらん。)

自分ではいっさい野菜を作っていないのに、こんな贅沢。
いいんだろうか?
Mさん、ほんとにいつもありがとうございます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分で作ってないのに、5分前まで畑にあったレタス
を朝から食べる。ずるい!

ネップでどういう意味で使う言葉なんでしょう?
おちゃ
2012/06/10 13:37
おちゃさん

おほほ。
やっぱりいい思いし過ぎですよね〜。

ところですみません、ネップ。
繊維が絡み合って出来る小さな毛玉のようなもののことを言います。
おちゃさんやyannさんは紡ぎオタク分野にもこうやって質問してくださるところが好きです。
kauri
2012/06/10 22:16
手作りメリノ。 kauriさんのブログで知って、アナンダさんで購入。やっと最近紡いでみました。とても紡ぎやすくてお気に入りになりそうです。
グラデーション、織りで表現するには1本の糸でつなげるより、明度の異なる糸をそれぞれ紡いで緯糸にするほうがはっきりするような気がします。(すみません、実践したわけではありませんが・・・)
ニットのメリヤス編みならバッチリグラデーション出せますね。
kei2
2012/06/11 10:50
kei2さん

手作りメリノ、いいですよね。
そして縮絨したときの風合いがとてもいいです。

さてグラデーション、ストライプではなく境目のないものにしたかったのと、首に巻くにはタテ糸に使わないとその微妙な色の移り変わりがわかりにくいという理由で、私はこの方法にしてみました。

が。
これが私のやりたいことの有効な手段ではないかも〜。
でもせっかく手がけたんで、とにかく何とか形にしたいと思います。
kauri
2012/06/11 13:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラデーションは続くよ。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる