Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら、ボンちゃん。

<<   作成日時 : 2013/01/23 13:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日は朝から静かにボンちゃんの毛糸を紡いでいます。
最後まで一生懸命生きたボンちゃんに敬意を表して。

画像





ボンちゃんは友人yannさんの愛猫です。
大きなからだにふっさふっさの毛並み、そしておっとりとした性格のメインクーンです。
悪性リンパ腫を患って、自宅でyannさんに見守られながら永眠しました。
その最後の時間のようすを、yannさんのFacebookを通じて私も見守りました。

"生き物が生きるという当たり前のことのすごさを、いま、目の前で見せつけられているところです。"

とyannさんが書いていたけど、ほんとだなぁ。
yannさんとボンちゃん、かけがえのない時間を過ごしたんだと思います。




私は糸を紡ごう。
私はボンちゃんと遊んだことはないけど、その毛は誰よりもよーく知っているからね。
(ボンちゃんの毛を使った作品はこちら。)

ふわふわの毛が、こうして糸に生まれ変わって行きます。

画像




ボンちゃんの単糸。

画像




ボンちゃんの双糸。

画像


あぁ、なんて美しいの〜!
ボンちゃん、ありがとう。





私なりの祭壇のつもりです。

画像


さよなら、ボンちゃん。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとう。読んでて涙出ちゃいました。
最上級の供養です。本当にありがとう。
飼い主の私以上にボンの毛を知っているkauriさんのマジックで、ボンはすばらしい糸に生まれ変われました。
紡ぐという行為は、命を吹き込むことでもあるんですね。
ありがとう。
yann
2013/01/24 01:59
yannさん

うぅ、そんなこと言ってもらうと私も涙出ちゃう。
(「出たっ!」って言わないで!)

切り倒された桜の木の枝で染めたり、ボンちゃんの毛を紡いだり。
自分がこれまでやってきたことを通じていのちに敬意を表することができる、というのは思いがけない発見でした。

また八ヶ岳で会いましょう!
yannさんもお元気で。
kauri
2013/01/24 10:28
ボンちゃんの毛は、こうなりましたかー。
美しい糸になりましたね。とっても上品だと思います。
おちゃ
2013/01/24 21:33
おちゃさん

ねー。すばらしいですよね。
こんな糸、どこにも売っていないです。
ワイルドだけど、上品。
ボンちゃんのお猫柄かな?
kauri
2013/01/24 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら、ボンちゃん。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる