Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 道具にも心がある

<<   作成日時 : 2014/01/13 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 4

このところ紡ぎ車が不調で、糸をうまく吸い込んでくれません。
「何でよ!」とトゲトゲした気持ちで向かうと、紡ぎ車もさらにそっぽを向くし、糸も切れる。
こういう時は森に散歩に出かけよう。
今日も山がきれいです。

画像






紡ぎ車を掃除しました。
回転部分以外も丁寧に。

するとどうでしょう。
嘘みたいに気持ちよくするすると紡げる。

画像



紡ぎ車くんは決して気難しい訳ではなく、このひどい埃にずっと黙って耐えていたのねー。
ごめん。

道具にも心がある、というのは本当だと思います。
あるいは、自分の心を映す鏡かも。





紡いだ糸を洗い上げて、部屋もきれいに掃除して。

画像






お茶の時間。
よくわからないわだかまりのほどけるひとときでした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
道具はよくメンテして、丁寧に使ってあげれば長く使用可能になりますね。庭木の鋏がその典型。しかし最近は道具もブラックボックス化したものが増え、一部がおかしくなったらすぐ部品交換なーんて道具が増えましたね。デジタル家電なんて特に。また最近のハイブリッド車は近所の自動車整備工場のオヤジの手に負えない。修理が難しい機械が多すぎだなあ。
おちゃ
2014/01/14 17:06
おちゃさん、ほんとだ。
ブラックボックス化したデジタル家電に心を見出すのは難しいかも。
シンプルな道具はほんとに“つきあう”って感じがしますよね。
私の場合は「乱暴にしてごめんね。」ということの方が多いけれど。
職人さんが長い年月使い込んだ道具など、本当にいいですよね。
kauri
2014/01/14 18:20
二度目、失礼します。kauriさんのお仕事に若干ですが関係がある業界(?)の人の書いたこの本が昔から好きです。アリスファームですね。

http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8A%E9%A3%BC%E3%81%84%E3%81%AE%E5%81%8F%E6%84%9B%E9%81%93%E5%85%B7%E8%AB%96-%E8%97%A4%E9%96%80-%E5%BC%98/dp/4582828698

道具、というとこの人のこの本を思い出します。スコップや長靴など農業と直結した道具の話が出てきます。
おちゃ
2014/01/14 21:22
おちゃさん

この本、知らなかったです。
思わずポチッとしました。
ありがとうございます。
kauri
2014/01/15 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
道具にも心がある Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる