Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳産ベビーアルパカを紡ぐ。

<<   作成日時 : 2014/06/16 14:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先日の毛刈りで、アルパカの毛を少しだけいただいてきました。
脚の部分や刈りなおしたものなので、毛足が短いところもあります。
埃やゴミはついているものの、脂はほとんどなくさらっとした状態。

画像





えーい、そのまま紡いじゃえ。

画像





ケモノっぽくて、モールみたいな糸ができました。

画像





これを双糸にしてからウール用洗剤で洗って完成。

画像





おぉ、かわいい♪
ぱやぱやと柔らかく起毛したベビーアルパカ毛糸の出来上がり。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね。アルパカは台の上で観念し、心配そうの仲間のアルパカに見守られ、毛を刈られ、それは紡がれて毛糸になる。紡ぐということから縁遠い人間からすると、あのチョンチョンした毛がどうしてこんなになるのか、まとまった長い毛糸になるのか、仕組みがさっぱりわかりませんです。
おちゃ
2014/06/17 12:37
おちゃさん

私も、目の前で刈られた毛を(刈った直後はまだ毛にも温もりがありました)その翌日には毛糸玉にしてしまう、というのは初めての経験です。
地産地消毛糸?、目指します。
kauri
2014/06/17 18:39
もう紡いだんですね
可愛い毛糸玉
色も肌触りも良いんだろうな
頑張ったほくとくんも本望かなff

私はまだそのままです
汚れがあるので、洗わないとだめですよね
ごみとって、ウール洗剤で洗って、ゆすげば良いんですよね。
フェルト化しちゃうんじゃないかって心配してたりして
乾かすのはタオルの上に置いとけばよいんですかね?

挑戦してみます
Kです
2014/06/18 08:37
kさん

とってもいい風合いの毛糸ができましたよ〜。
脂はまったくと言っていいほどなかったので、私はそのまま紡いでしまいました。
洗い方は、毛を洗濯ネットに入れて、ウール用洗剤を溶かしたお湯(お風呂よりやや熱めのお湯)に沈めて優しく押し洗い。
この状態で一度脱水してからすすぎます。
このときもお湯で。
急激な温度変化はNGです。
あとは再びしっかり脱水して、広げて乾かせば出来上がり。
アルパカはウールほどフェルト化の心配はしなくていいのではないかと思います。
kauri
2014/06/18 17:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ヶ岳産ベビーアルパカを紡ぐ。 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる