Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS つぎはぎ図画工作ワールド

<<   作成日時 : 2015/03/08 08:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ブランケット作り、佳境に入ってまいりました。
まずは勇気を持って裁断です。

画像






しかしいきなりの裁断ミス!

でも、そしたらまたつなげちゃえばいいのさ。
フェルティングニードルで。

画像





画像



ということに気がついたら、いっぺんに楽になりました。
紙をはさみで自由に切り刻んではセロハンテープで自在に貼り付けた、子供の頃のあの感覚でやればいいんだわ。





裁ち終わったら、パズル遊びです。
さて、どうつなごうか?

画像







方針が決まったら、あとはフェルティングニードル一丁でコツコツつなぐのみ。

画像



今回は糸でかがらずに、布を1cm弱重ねてフェルティングニードルで叩く方法をとりました。
この方が強度があると思ったので。

ミシンをかける感覚に近いですが、このフェルティングニードルを使う利点は、布の伸びやうねりをうまく吸収しながらつなげること、そして毛が絡み合うので接ぎ目が自然に馴染むことです。

しかしそれよりなにより、図画工作の心でできること。
これが一番の魅力かも。






だいぶ大きくなって来ました。
こんな小さな道具ひとつでこんなに大きいものが出来てしまうって、素晴らしいと思いませんか?

画像








そして完成!

画像






画像






画像






画像



うーん、満足。
やっぱり大きいものっていいですね。

ヘタな考え休むに似たり、とにかくまずは作ってみないことにはね。
という気持ちで始めましたが、かなり完成度の高いものができました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
す・ば・ら・し・い!! 高機を持っているとつい織り機の機能に頼ってしまって こういう工夫をどこかに置き忘れています  平織が一番楽しくて 工夫のし甲斐があることは重々承知なのですが・・・  そうそう 私のモヘア240本カシミアとの二重織で さほどの手間ではありませんでしたでも外はやや春めいて参りまして デビューは来シーズン 
baobabu
2015/03/08 13:57
とっても素敵です!
この大きさを全部ニードルでくっつけるなんて、手首が痛くなりませんでしたか?
すごい!
私も自分で織った毛布にくるまってお昼寝する日を夢見てます。
すぎもと
2015/03/08 16:34
baobabuさん

思いっきり楽しんで作りました。
気がつけばこんな大きなものができていた、そんな感じです。
私は織りの手法にしても手芸全般にしても、あまりにも手持ちの技術というか手段がないので、そのないない尽くしの中で考えるしかないんですね。
でもこの図画工作的アプローチが自分にはあっているかなと思っています。
モヘアとカシミアの二重織、完成されたんですね!
お疲れさまです。
私もブランケットが本当に必要な時期は過ぎてしまったかも。
kauri
2015/03/08 19:03
すぎもとさん

これまでの地道な行程に比べたら、ここは一番楽しいところなので、すっかり没頭して一気に仕上げてしまいました。
自分で作るブランケット、いいですよ〜。
この厚みに毎度ニマニマします。
kauri
2015/03/08 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
つぎはぎ図画工作ワールド Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる