Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS タイムカプセルを開ける

<<   作成日時 : 2016/01/08 11:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

年明けにこんな“タイムカプセル”を開けてみました。
信州に住む伯母が、土蔵を整理している時に出てきた古い布や生糸、真綿などを、どっさり私に送ってくれたのです。

画像






思わず目をしばたくほどの強いナフタリンの匂いとともに現れた昔のものたち。

画像






真綿を手で引き延ばして織ったベスト。
なんと愛おしい。

画像






輝く生糸。
これらは煙草の葉っぱと一緒に保存され、虫に喰われることもなく土蔵で長いこと静かに眠っていたそうです。

画像








まずはこの古風な布を使ってみましょう。

画像






ここらへんのものと合わせて、

画像






糸にしてみる。

画像






オリジナルの布とはまったく違う表情の、面白い糸ができました。

画像




長い年月を経て私のもとにやってきたこれらのものたち。
私の曽祖母の時代からの手のぬくもりが、こうして形になって残っているんですね。
これに新しい命が吹き込めたらいいなぁ。
何か形にして伯母に見てもらいたいと思うのでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
面白いですね。親戚からとはいえ、様々な偶然が重なってやってきたモノ達。それらが他とつながって新たな糸が生まれて。でもその新たな糸は今後、どうなるのでしょうか? 楽しみですね。
おちゃ
2016/01/08 19:30
おちゃさん

時間を超えて、曽祖母さんとつながっているというのは不思議な気持ちです。
これ実は、去年のお盆に私なりのやり方でご先祖さまをおもてなししたその直後に伯母から送られて来て、なおさら不思議な気持ちになりました。
何かこれで、新たな感じのものが作りたいんですけど、さてどうしましょう。
kauri
2016/01/08 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイムカプセルを開ける Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる