Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS でこぼこ、もう一枚

<<   作成日時 : 2016/07/15 08:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

雨の降る日、糸紡ぎに没頭するのはいい時間です。
引き続き、手作りメリノ。
いい毛です。

画像






こんな色合いでもう一枚でこぼこマフラーを。
沖縄のイメージで。

画像







巻いた姿。

画像







でこぼこは控えめですが、メリノの良さが際立っています。

画像







先日、ひつじ仲間が我が家に立ち寄ってくれました。

もともとはフェルトの作家さんであったわけですが、羊の毛刈り修行も始めた彼女、毛刈りの講習先などで新たなひつじloverとの出会いが広がっているようなのです。
それは、動物としての羊を愛して飼育している人たちです。


糸紡ぎを通じて私もずいぶん“ひつじ仲間”が増えましたが、こういう人たちとはつながっていなかった。

片や国内でいろんな形で羊を飼っている人と、片や羊毛を使って糸やフェルトを作る我々。
微妙にずれながら羊に関わっているという点では共通しているこういう人たちが、今まであまり接点がなかったのです。

私たちは毛を取るために育てられた羊の毛(主に海外のもの)を買っていた。
いっぽう、飼育している人たちは、自分たちの羊の毛が果たして本当に使えるものなのかどうかがわからない。
そこがつながったら確かに面白いですよね。

こういう誰もやっていなかったことを面白がって始める人、大好きです。

彼女のところには、国内のいろんな羊の毛が集まり始めているらしい。
ぜひそれらの羊毛をひとつひとつ手に取らせてもらいながら、もっといっぱい話を聞きたくなりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、もっと国内のいろんな繊維を紡ぎたいと思っています。
近くでヤギを飼ってらっしゃる方がいるので、「アンゴラヤギを飼われたら、毛を買います!」と宣言しました(笑)
5月には八ヶ岳のアルパカの毛をたくさん買いました。
紡いでみるのが楽しみです。
すぎもと
2016/07/15 18:23
おぉ、すぎもとさんはもうこういう人たちとつながっているんですね。
どんな糸になるんだろう?ってわくわくしますよね。
八ヶ岳のアルパカの毛も売ってるんだ〜。
毛刈りするところを見たことあるから、親近感わきます。
kauri
2016/07/15 22:41
繋がってるというほどではないのですが、自分では飼えないので、もっと知り合っていきたいと思っています。
食べ物は、「○○県産」のものとはっきり分かるものが買いやすいですし、もっと言えば「○○県の○○さん生産」まで、今は分かりますものね。
着るものも同じようにすると、だいぶ高価になってしまいますが、できるだけ同じようにしたいと思うのです。
とは言っても、日本では飼育されていない品種が多いので、やっぱり輸入物も買います。
いつかアラスカに行って、ジャコウ牛の毛を拾い集めるのが夢です(笑)
すぎもと
2016/07/16 10:20
私も食べるものはだいぶつながって来たんですけどね。
アラスカでジャコウ牛!
壮大な計画ですね♪ ふふふ。
kauri
2016/07/16 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
でこぼこ、もう一枚 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる