Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドン一人歩き

<<   作成日時 : 2017/07/07 06:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ロンドンはあいにくの雨です。
ガイドブックも傘も持ってきていない私。
まずはハイドパーク沿いを少し歩きました。
ロンドンはやっぱり美しい街です。

画像



ガイドブックも持たず、あらかじめ何のプランもなしにどうするかというと、現地で出会った信頼できる人に話を聞きます。
今回の場合は、ツアーに同行してくれたイギリス在住のヨシミさんに、面白そうなエリアをいくつか教えていただきました。

あとはホテルで地図と地下鉄路線図をもらって、それを見ながら行動方針を決める。

と思ったら、地図も路線図も字が小さ過ぎて読めない!
これは誤算でありました。

画像


まぁグーグルマップもあるし、便利な時代です。
でも時たま通信状態が悪い時があるので、依存しきってもいけません。
ちょっと焦りますが、自分の頭と足と勘をしっかり働かせる訓練になって、これもいいことです。






まずはじめはLondon Bridge近くのBorough Marketへ。
(Boroughをカタカナにすると、ボロとバラの中間くらい。)

ぴかぴかの食材が並んでいて、大興奮。
マーケットを歩くのは、旅の醍醐味のひとつです。

画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




Borough Marketはひとつのコミュニティーのようになっていて、食品生産者、出店者、消費者が活発に意見交換できる場になっているようです。

印刷物もいろいろ出されていたのでもらって来ました。
写真がきれいで、ただ眺めていても楽しい。
と同時に、イギリスの食べ物の旬や生産者の話、食に関するさまざまなトピックが載っていて、読みでがあります。

画像


例えば、デジタル時代の今、良い料理ブックって何だろうとか、クリアな情報を伝える食品ラベルについてとか、捨てられてしまう食材を活かしておいしいものを作るシェフの話とか。


もらって来た印刷物の中にこんなチラシがありました。

画像


実はこのBorough Marketは先日テロの惨事があった場所で、事件のあと10日間ほどはマーケットも閉鎖されていたそうです。
その時に経済的打撃を受けた出店者への募金を呼びかけるチラシでした。






マーケットをあとにして、テムズ川沿いにテート・モダンまで歩きました。
テートギャラリーが最近リニューアルして2つに分かれたうちのひとつで、こちらモダンの方はおもに現代美術を展示しています。
館内はどこも先端的で自由な雰囲気。

画像




レストランやカフェもスタイリッシュです。

画像




画像






翌日はShoreditchという、シティの北東のエリアを歩いてみました。
かつてちょっと荒れていたこの辺りが最近お洒落になってきているそうで。
当てずっぽうに歩いたので、最先端にイケてるところのコアには行き着かなかったのですが、この地域、生活の匂いが感じられて面白かった。
日中歩く分には問題なかったです。
ハイドパーク周辺のhigh endだけ見ていたらわからない世界が垣間見れました。



例えばこんな光景。
ロンドンでは日本の金物が人気なのでしょうか?

画像



画像








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロンドン一人歩き Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる