Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸前高田2017

<<   作成日時 : 2017/08/28 18:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


友人家族と陸前高田を訪ねました。
上の写真はホテルからの眺め。
涼しい海風が吹き抜ける、陸前高田の夜明けです。






八木澤商店の河野社長に今回もまた醤油工場を案内していただきました。
私はこれで3回目です。
ジグソーパズルのピースがずいぶん繋がってきました。
八木澤商店のお醤油にさらに愛着がわきます。

画像







工場見学の後はてご舎さんというお店で、心尽くしのご飯をいただきました。
お醤油も油もお酢もすべて自家製。
地元の食材を使って、丁寧に作られたお料理です。
人の心と体をきれいにする、そういう力のあるごはんでした。
ご馳走さまでした。

画像






陸前高田でのご縁が少しずつ、でも確実に育っていってうれしくなります。
ありがとうございました。

画像








夜は八木澤商店営業のTさん家族と一緒に食事をしました。
Tさんとは2011年の秋にひまわり市場で出会ったのが最初です。
今では家族ぐるみのお付き合いになりました。
お子さんもこんなに大きくなって。

陸前高田に会いたい人がいる、待っていてくれる人がいるというのは、こんなにもうれしいものかと思います。

画像






新物のさんまに舌鼓。
私たちが訪れた2日前から、大船渡で水揚げが始まったそうです。

画像






そして地元でしか飲めないお酒を味わいながら、楽しい会話は尽きません。

画像








陸前高田の今も、少しお伝えしましょう。

かさ上げ地にアバッセたかたという新しい商業施設がオープンしました。
(アバッセとは、地元の方言で“行きましょう”という意味だそうです。)
広大な敷地に広がる平屋建ての建物は、アメリカの郊外店舗を思わせます。

画像






その中の一角にあるやぎさわカフェは、図書館とリンクする居心地のいい空間。
我々観光客だけでなく、地元の高校生やお年寄りの集まる場になっているとのこと。
(写真奥に見えるのが図書館です。)

画像



地元の人たちは、図書館の再建を心待ちにしていたそうです。
図書館内部は撮影禁止でここに紹介できないのが残念ですが、とても気持ちよく居心地の良い空間で、やぎさわカフェのドリンクを持ち込んでゆっくり本を読んだり、高校生たちは学校の宿題をしたりできるそうです。
本の陳列方法も工夫されていて、つい手が伸びる魅力的な本がたくさん並んでいて、本が大好きな私はちょっとうらやましくなりました。





スーパーも入っています。
地元の食材がいろいろ並んでいて、ワクワクします。

てご舎さんでいただいた揚げ麩のお味噌汁がとてもおいしかったので、おみやげに購入。

画像




なまり節もこちらの料理には欠かせないそうです。
きゅうり揉みや炒め物にこれを加えるとぐっと旨みが増すとのこと。

画像





さすが三陸。
海藻類の品揃えが豊富です。
すべて地元産。

画像






ホヤも並んでいました。

画像






八木澤商店のお醤油もさすが充実のラインナップ。

画像







南部せんべいもこんなに種類があります。

画像






そして椿油の搾りかすが売られていました。
これはレアですよね。

画像




こんなふうに、アバッセたかたは単なる箱ではなく、より良い場所にしたいという関係者の人たちの思いがいっぱい詰まっているように思いました。
今後も人の集まる素敵な場に育って行くことを祈ります。






そして私は、アバッセの本屋さんでこんな本を買いました。

画像






画像






画像



高田松原ってどんなだったんだろう?
とずっと思っていました。
この写真を見て、最初、宮崎日南海岸の松原かと思うくらい、それとよく似ていました。
宮崎の松原は私の大好きな場所でした。
その二つを重ね合わせたとき、それを津波で根こそぎ持って行かれてしまったこと、その中で一本だけ残った木があったことについて、改めて、今までとは違う感じ方をしました。

今回も、南三陸のさんさん商店街に展示されていた津波の写真を見て改めて立ち尽くし、途方も無い規模の嵩上げ地(現在も工事が続いています)を行く先々で目にして、言葉が出て来ませんでした。

でもその上で、というかそれだからこそ、私はもともとの三陸の美しい海や町や人々の様子が見たくなりました。
そして、その同じ眼で、八ヶ岳や東京の自分の周りの景色をしっかり慈しみたいと思いました。






こちらは南三陸市にある志津川海水浴場。
この美しい海の景色を覚えていたいと思います。

画像






画像






画像






画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸前高田2017 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる