テーマ:台湾

湾生回家

神保町の岩波ホールでドキュメンタリー映画『湾生回家』を観てきました。 湾生とは、下関条約が締結された1895年から終戦までの50年間、日本統治下の台湾で生まれた日本人をさす言葉で、昭和3年生まれの義母もこれに当たります。 湾生の人たちにとって、台湾は紛れもなく大切な“故郷”でした。 その切ないほどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾2015

毎年恒例となった台湾詣でを無事終えて、帰国しました。 このブログでもこれまでに何回か紹介させていただきましたが、義祖父が台湾総督府の水利技師として関わった農業用水が開通した10月に、毎年感謝祭が行われるのです。 今年は台中市から大きな予算がついて、大掛かりなものになりました。 早起きして、地元のお祭りに参加。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾 山のご馳走

今回の旅では台湾人の人に同行してもらって、普通の日本人旅行者がなかなか行かないところを訪ねてみました。 松鶴村。 台湾原住民のタイヤル族の人たちが住む部落で、台中から車で1時間半ほどの山間の奥地です。 思わず♪兎追いしかの山♪と歌いたくなる世界。 標高600mほどあるそうで、町中にはない爽やかな風が吹いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲水思源

5月の台湾を訪ねました。 台湾水利の父、八田與一さんの墓前祭に参列するのが今回の旅の主な目的です。 烏山頭ダムのほとりにある八田さんの銅像。 現在烏山頭ダムにある八田の銅像はダムの完成後の1931年(昭和6年)に作られたものである。住民々意と周囲意見で出来上がったユニークな像は、固辞していた八田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅惑の市場

台湾では、市場を歩くのが何よりの楽しみです。 まずは台北、東門市場の朝市から。 おぉ、この雰囲気。 ワクワクします。 八百屋さん。 しかしおじさんは一体どうやってここに入るのか? こんな白菜も。 使いやすそう。 魚屋さん。 おじさんが持っている大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義祖父の足跡を辿って見えてくるもの

台湾から無事帰国しました。 台湾総督府の土木技師だった義祖父磯田謙雄の足跡を辿る旅、私はこれが2度目です。 前回よりもさらに濃く、深い経験ができました。 今回は義祖父が作った農業用水路(白冷圳=はくれいしゅう)を、上流の取水口から下流の農地まで辿って来ました。 私もこれまで写真では見ていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしい台湾

台湾ではもう、毎日何を食べても美味しかった。 我々日本人にもすっと馴染む、どこかほっとする味です。 帰国しても台湾の味が恋しい日が続きました。 台北の胃袋、東門へ。 まずはここで朝ごはん。 大きな鍋の中に魚団子が。 ふわふわの団子を割ると、中にあんが入っている! 美味…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

義祖父 磯田謙雄のこと

台湾から無事帰国しました。 本当に濃密で、得るものの多い旅でした。 どこから書いたものか思いあぐねますが、まぁ少しずつ整理していこうと思います。 夫の祖父磯田謙雄は、今からおよそ80年前、台湾総督府土木局の技師として台中の灌漑工事を指揮しました。 (台湾の水利事業に大きな貢献をした日本人としては八田與一氏が有名ですが、義…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more