テーマ:ふつうの旅

バターがおいしい

イギリスでは、どこに行ってもバターがおいしかった。 羊だだけでなく、牛もイギリス人にとっては身近なものなんだなと思いました。 旅の道中でもよく見かけました。 イギリスはしっかり農業国でもあるんだなぁと実感。 こんな光景も出くわしました。 牛渋滞。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン一人歩き

ロンドンはあいにくの雨です。 ガイドブックも傘も持ってきていない私。 まずはハイドパーク沿いを少し歩きました。 ロンドンはやっぱり美しい街です。 ガイドブックも持たず、あらかじめ何のプランもなしにどうするかというと、現地で出会った信頼できる人に話を聞きます。 今回の場合は、ツアーに同行してくれたイギリス在住のヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジンバラ~ロンドン、鉄道ひとり旅

ディープな羊ツアーは7日間みんなで行動をともにした後、エジンバラで解散しました。 その後はアバディーンまで北上してスコットランドの旅を続ける人、スウェーデンに渡る人、各人各様の進路です。 私はここから単独行動、ロンドンでもう2泊することにしました。 エジンバラからロンドンは、念願の鉄道ひとり旅です。 エジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街歩き エジンバラ編

羊絡みのディープな投稿が続きましたので、ちょっと息抜きに普通?の旅の記録も残しておこうと思います。 まずはエジンバラの街歩きから。 と言ってもエジンバラ城などのメジャーな所には行かず、人の少ないエリアを当てずっぽうに歩きました。 チーズ屋さんのウィンドウに張り付く。 こちらはゲームミート(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢へ

伊勢神宮を参詣して来ました。 よく「伊勢は日本人の心のふるさとだ」という言い方がされますが、その想いを強く感じて帰って来ました。 本当に美しく、気持ちのいい場所でした。 ここでは内宮、外宮以外の伊勢を紹介してみたいと思います。 こちらはたまたま車で通りかかった神宮神田。 伊勢神宮の神様に納めるお米はすべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄、海のイスキア

沖縄に行ってきました。 今回は愛楽園というハンセン病の国立療養所を訪ねました。 学生時代から30年以上ここに通い続けているY夫妻に同行させていただく幸運に恵まれました。 本当に浅い理解ではありますが、たくさんのことを感じて帰ってきました。 (でも、それを言葉にしようとするとすべて上滑りしてしまいます。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡邊酒造場を訪ねて

我が家の庭をデザインしてくれたガーデナーの愛ちゃんが、宮崎に行くならぜひ訪ねてみてほしいと、小さな焼酎蔵を教えてくれました。 渡邊酒造場さん。 彼女の親友がこちらに嫁いだのだそうです。 これもご縁、と何の知識もないままふらっと立ち寄らせていただいた我々に、ご当主の弟さんにあたる渡邊潤也さんが工場内部のひとつひとつの製造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の旅 宮崎編

今年で結婚25周年を迎える我が夫婦。 新婚旅行で訪れた九州をこの機会に再び訪ねることにしました。 海と太陽、野球に列車、焼酎、海の幸山の幸…。 盛りだくさんの旅の記録に、しばらくおつきあいください。 初日の宿は宮崎県西都市にある高屋温泉。 宮崎市内からは車で40分ほどのところですが、世俗を離れた、まるで桃源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストン見聞録

Duxburyで親しい人たちと楽しい時間を過ごしたあと、ボストンの街にも2日間滞在しました。 中心部のショッピングエリアを歩くだけでは今ひとつ退屈でしたが、友人が車であちこち連れ回ってくれて、街のいろんな表情を楽しむことができました。 朝ごはんはBeacon Hill近くのお店で。 このパンケーキが予想に反して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Celebrating Life

今回久しぶりにボストンを訪ねようと思ったのは、Billyの奥さんであるLisaが亡くなって今年でちょうど10年になるからでした。 お墓参りもさせてもらいました。 穏やかな小春日和のせいか晴れやかな気持ちでした。 Cape Codの家にも寄りました。 ここだけは時間が止まっていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Thanksgiving in Duxbury

Bostonから無事帰国しました。 えーと、どこからお話ししましょうか。 少し長くなりますが、どうぞお付き合い下さい。 我々夫婦にはもう20年来家族ぐるみで親しくしているBillyという友人がおりまして、今回はそのBillyの家を6年ぶりに訪ねました。 ちょうどThanksgiving(サンクスギビング、感謝祭)の休暇に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

My favorite Kyoto

一泊二日でふらっと京都に行ってきました。 いつもノーアイデアで出かけて、気の赴くままに歩きます。 今回の新しい出会いは琳派。 国立博物館で開催中の琳派展。 人も多く事情があって時間もあまりなくて、説明はすべてすっ飛ばしてモノだけ見ましたが、実物にじかに接してみて、やっぱり理屈抜きによかったです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台湾2015

毎年恒例となった台湾詣でを無事終えて、帰国しました。 このブログでもこれまでに何回か紹介させていただきましたが、義祖父が台湾総督府の水利技師として関わった農業用水が開通した10月に、毎年感謝祭が行われるのです。 今年は台中市から大きな予算がついて、大掛かりなものになりました。 早起きして、地元のお祭りに参加。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢紀行

夫の家族とともに金沢へ。 新幹線で2時間半とは、すっかり便利になりました。 見まごうばかりの金沢駅。 まずはお墓参りやゆかりのところへごあいさつ。 大乗寺。 義母の実家。 夫が子供だった頃は、毎年ここで夏を過ごしたそうです。 もう30年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の魅力的な人たち

今回の旅でお会いした魅力的な方々について、書いておきたいと思います。 まずは八木澤商店。 河野社長に醤油工場を案内していただきました。 昔からの工場は、杉樽も蔵に棲みついた大切な微生物も津波ですべて流されてしまい、近代的な設備で一から出直しとなったことは、高松さんから聞いていました。 実際見学させていただいて思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばっぱの台所

今回の旅では、斉吉商店 さんの“ばっぱの台所”でお昼ごはんを食べました。 斉吉商店さんのことはミュージック・セキュリティーズやほぼ日を通じてフォローして来ました。 “斉吉にも75歳の「ばっぱ」が居ります。今20歳を過ぎた孫たちが、小さい頃から「ばっぱ!ばっぱ!」と呼びました。斉吉でも「ばっぱ」は家の中心です。おかずは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーム八ヶ岳、陸前高田へ

今回の東北行きの原点はここでした。 ちょっと長いですが、過去のブログ記事引用します。 3月11日を迎えました。 テレビやネットでたくさんの人がいろんな切り口であの日を振り返っています。 私はといえば、3年経った今、ようやく糸口を見つけたという気持ちがします。 いろんなご縁があって、八木澤商店の高松さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸前高田から戻って

昨夜遅くに陸前高田から八ヶ岳に戻りました。 非常に人間的魅力にあふれたたくさんの方々とお会いして、今思い返しても感極まってしまいそうなほど、濃い体験をして来ました。 ここでお伝えしたいこともいっぱいあるけど、あまりにも多すぎてうまく思いがまとまりません。 どういう経緯で陸前高田を訪ね、何をして来たかについても順序立ててお話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾 山のご馳走

今回の旅では台湾人の人に同行してもらって、普通の日本人旅行者がなかなか行かないところを訪ねてみました。 松鶴村。 台湾原住民のタイヤル族の人たちが住む部落で、台中から車で1時間半ほどの山間の奥地です。 思わず♪兎追いしかの山♪と歌いたくなる世界。 標高600mほどあるそうで、町中にはない爽やかな風が吹いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲水思源

5月の台湾を訪ねました。 台湾水利の父、八田與一さんの墓前祭に参列するのが今回の旅の主な目的です。 烏山頭ダムのほとりにある八田さんの銅像。 現在烏山頭ダムにある八田の銅像はダムの完成後の1931年(昭和6年)に作られたものである。住民々意と周囲意見で出来上がったユニークな像は、固辞していた八田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺の宿

冬の海が見たくて、こんな宿に来ました。 大洗の里海邸 。 全部で8室しかない小さな宿。 どの部屋からも海を眺めることができます。 刻々と変わる海の色、空の色。 見飽きることがありません。 ラウンジ。 海辺の薪ストーブというのもまた、いいものです。 本を読んだり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魅惑の市場

台湾では、市場を歩くのが何よりの楽しみです。 まずは台北、東門市場の朝市から。 おぉ、この雰囲気。 ワクワクします。 八百屋さん。 しかしおじさんは一体どうやってここに入るのか? こんな白菜も。 使いやすそう。 魚屋さん。 おじさんが持っている大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義祖父の足跡を辿って見えてくるもの

台湾から無事帰国しました。 台湾総督府の土木技師だった義祖父磯田謙雄の足跡を辿る旅、私はこれが2度目です。 前回よりもさらに濃く、深い経験ができました。 今回は義祖父が作った農業用水路(白冷圳=はくれいしゅう)を、上流の取水口から下流の農地まで辿って来ました。 私もこれまで写真では見ていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾ふたたび

今年もまた台湾に来ています。 台湾総督府土木局の技師だった義祖父の仕事をたどる旅です。 詳細はまた帰国後に。 写真は義祖父の仕事とは関係ありませんが。 台北に着いたらまずは小籠包などお約束どころの食べ物を。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬に会いに 後編

馬の旅は続きます。 この日はサラブレッドの牧場が点在する静内を訪ねました。 海を見下ろすなだらかな緑の丘にはさわやかな風が吹いて、ちょっとハワイ島みたい。 母馬と当歳馬の姿をよく見かけました。 思わず頬が緩んでしまいます。 おっぱい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

馬に会いに

今年も馬に会いに北海道に来ています。 満一歳の馬たち。 まだお互いを呼び合って、あちこちでいななきが。 かわいいです。 きゃは、鼻息を感じる距離です。 これはいいお尻、らしい。 (競走馬として)。 2日間で300頭近くの馬を見るので、いつもぐったりして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おいしい台湾

台湾ではもう、毎日何を食べても美味しかった。 我々日本人にもすっと馴染む、どこかほっとする味です。 帰国しても台湾の味が恋しい日が続きました。 台北の胃袋、東門へ。 まずはここで朝ごはん。 大きな鍋の中に魚団子が。 ふわふわの団子を割ると、中にあんが入っている! 美味…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

義祖父 磯田謙雄のこと

台湾から無事帰国しました。 本当に濃密で、得るものの多い旅でした。 どこから書いたものか思いあぐねますが、まぁ少しずつ整理していこうと思います。 夫の祖父磯田謙雄は、今からおよそ80年前、台湾総督府土木局の技師として台中の灌漑工事を指揮しました。 (台湾の水利事業に大きな貢献をした日本人としては八田與一氏が有名ですが、義…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

台湾へ。

台湾に行ってきます。 今から80年前、台湾総督府の土木技師として台中の台地に水を引くプロジェクトを指揮した、夫の祖父の足跡をたどる旅です。 現地の多くの方々が歓迎してくださるようです。 去年は退院直後で私はお留守番だったので、今回はとても楽しみ♪ それでは、行ってきます!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニセコへ。

東京では桜がほころび始めた朝、北に向かいました。 友人家族とともにニセコの白銀の世界へ。 で、ニセコで私は何をしていたかというと、WBC観戦。 アホです。 翌日はさすがにここまで来たなら少しは滑ってみるかと改心して、みんなと合流。 ゴンドラに乗って山頂に向かうに連れて、みるみる青空が広がってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more