Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 暴れる白

<<   作成日時 : 2010/04/07 07:31   >>

トラックバック 0 / コメント 9

“情感のある白”の世界はずでしたが、完成品は“暴れる白”になりました。

織り上がりはまだ情感が感じられなくもない。

画像


しかし、これを縮じゅうすると前回よりもさらにすごいことに。

画像


前回の仕上がりを踏まえてメリノと粗いウールの配合を少し変えてみたので、さらにメリハリがつく結果となりました。
写真に撮ると光の加減のせいかデコラティブな模様の感じが強調されていますが、実際はもう少し白くてナチュラルな印象です。

アイロンでぴたっと押さえようかどうしようか迷いましたが、このうねうねがおもしろいのでそのままにすることにしました。

クローズアップ、シルクとモヘアのその後。

シルクはこんなに繊細な縮み方。
(どことなく、イスラームの飾り文字に似ている。)
首周りには、メリノ、コリデール、シルクなど肌触りのいいものを持ってきました。

画像


いっぽうモヘアはもうお姫様ウェーブです。
これがデコラティブな印象にかなり貢献しているのかも。
この辺の毛はごわごわちくちくなので、裾の方に。

画像


巻いた姿はこんな感じ。

画像


画像


しかし、耳をそろえなくていいってこんなにも自由なんだ。
と、またひとつカセがはずれたすがすがしい気持ちになりました。
ひつじたちの性質にすっかり楽しませてもらいました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!

>耳をそろえなくていいってこんなにも自由なんだ。
>またひとつカセがはずれたすがすがしい気持ちになりました。

という、kauriさんのお言葉にジーンときました真実だわ〜〜

それにつけても羊さんたちってば、ほんとに個性豊かなんですね。
じじ
URL
2010/04/07 09:03
これに関しては、いろんな意見があると思いますけれど。

でも、少しずつ経験を重ねていくにつれ、作る前からNGと決めてしまうことが増えてきたことに気づき、そういうのやめてみようと思ったんです。

で、そこから再構築ということですね。

と、口で言うのは簡単ですが、実際にやるのはなかなかムズカシイ。
kauri
2010/04/07 11:11
そうなんです、経験は時に足かせになるんですよね
そんな時は織っていてもなんだかつまらないと思うんです。
勝手気ままに見えて、計算されている
そこに経験が生きている
そんな作品が作りたいです。
仙人
2010/04/07 11:36
仙人さん

大きく「うんうん。」とうなずいてしまいました。

失敗や「あー、もうがっかり。」という結果を繰り返しながら学習していって、それなりに完成度も上がってくるわけですが、簡単に調和や折り合いをつけすぎないことが大事なのかなーって思いました。

>勝手気ままに見えて、計算されている
そこに経験が生きている

そういうものを、私も作りたいです。
kauri
2010/04/07 14:09
うーーーむ 深い対話ですね

『耳がきれいですね』『打ち込みが整ってますね』と
評されたり、評したり・・・ 

基礎があるから崩せる 

その域を私も目指したいです

それにつけても 鎖編みの糸 いいですねー
baobabu
2010/04/07 19:04
私は独立独歩のマフラー屋なので、
『耳がきれいですね』『打ち込みが整ってますね』と
評されたり、評したり・・・ 
という経験が皆無です。
それで織りのランキングに登録したりして、怖いもの知らずってやつですねー。
私の場合、巻いたときにどう見えるかだけが問題です。

鎖編み、ぜひやって見てください!
ハリのある素材を梳毛で紡げばたいていいけます。
kauri
2010/04/07 21:17
これってもんのすごいオシャレ。極地って感じします!!

>(どことなく、イスラームの飾り文字に似ている。)
し、バッハ自筆の楽譜みたいな。文様風なかきかた
すごーい
Rei
2010/04/08 19:07
縮絨の世界をかいまみせていただきました。独特の雰囲気いいですね。布地をちじませることを、面白がっていますのでもっと楽しくなります。
こば
2010/04/11 13:10
Reiさん
ほんとだ、楽譜みたいにも見えますね。
この華奢で装飾的な感じ、偶然のなせる業です。

こばさん
縮絨っておもしろいですよね。
織り上がったときはまだ静かにしている羊毛たちが一気に地を出すようすに、いつも「おぉっ!」と思ってしまいます。
kauri
2010/04/11 14:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
暴れる白 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる