Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑風

<<   作成日時 : 2010/06/28 07:29   >>

トラックバック 0 / コメント 9

さわやかなきみどりいろのマフラーに、草木染めの優しい色合いをちりばめました。
葉っぱのような、花びらのような…。

画像


地の色をたとえばヨモギで染めたウグイス色や若草色にしてもよかったのですが、ここは敢えて透明感のある化学染めを起用してみました。
(上の写真は実物よりやや渋めに写っているかも。)

すべて草木染めでまとめればもちろんしっくりなじむことは間違いないのですが、落ち着き過ぎてしまうことがある。
私としては、純和風というよりちょっとバタくさい感じにしたかったので。



巻いた姿はこんな感じ。
あっさりとした柄ゆきです。

画像




納戸から草木染めのストックを引っ張り出してきて並べてみると、草木染めって何とも言えないいい色合い。
いつもしあわせな気分になります。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日 来年のグループ展の打ち合わせを終えて ややブルーな想いで こちらにお邪魔いたしました
  
kauriさんのマフラー ほっこりとして 癒されます

私も先週 紅輪タンポポで染めました・・・ので
がんばって 糸つくりして 幸せ感に浸りましょ!       
baubabu
2010/06/28 12:33
蒸し暑い梅雨の真っ只中・・・
爽やかな風が吹き渡る様な、マフラーですね。

ウール、それもマフラーなのに、
涼しげに見えるのは、kairiマジックなのかしら。

地の色と葉っぱ(?)の色合いの組み合わせが
垢抜けていて、いいんですね。
るんるん
2010/06/28 14:53
baobabuさん

>ややブルーな想い

そういうこともありますよ。
(って私もつい最近仲間にそう励ましてもらいました。)
紅輪タンポポって初めて聞く名前で思わずネットで検索しました。
北の地方のみに咲く花なんですね。
濃いオレンジのかわいらしい。
(色素も多そう。)
どんな色になるのかな?

るんるんさん

いやー、ほんとに今日は蒸し暑いですねー。
参ります。

>ウール、それもマフラーなのに涼しげに見える

それは、るんるんさんの想像力の賜物ですよ!
いつも優しいコメントありがとうございます。

それにしても、色を組み合わせて遊ぶのは楽しいですよね。

kauri
2010/06/28 16:39
ご無沙汰してます、こんにちは。
不思議な魅力のマフラーに、見入ってしまいました。
地の色からイメージされるのは初夏の5月。
でも葉っぱからイメージされるのは、秋。
二つの季節が混在しているようで、神秘的です。
kauriさんの作品を見ていると、私もフェルティングを
勉強したくなります。
そしたら、もうちょっとは自分の幅も広がりそう…。
甘いかな?(笑)。
もっともっと羊さんたちと仲良くなりたい私なのです。
じぇんね
2010/06/29 07:37
じぇんねさん、お久しぶりです!

>二つの季節が混在しているようで、神秘的です。

確かに。
これは葉っぱのつもりで描いたのですが、何だか花びらにも見えてくるのはそんな理由もあるのかな?

ニードルフェルティング、楽しいですよ。
童心にかえるというか。
“織りの道を究める”というスタイルからちょっとはずれてみるのに、これは有効かもしれません。
(織り地に図画工作的もようをつけるというのは、かなり勇気のいる作業ですけどね。)

なにはともあれ、思い立ったが吉日。
ぜひちくちくやってみてください。
kauri
2010/06/29 10:33
北の地方のみに・・・というのは知りませんでした
アルカリ抽出、銅媒染でkauriさんのマフラーと同じ色目でもう少し彩度の明るい感じです
baobabu
2010/06/29 21:51
baobabuさん

そうですか。そんな色が出るんですね。
面白い。
北海道ではふつうに生えている花なのでしょうか?
とても新鮮な感じがします。
でもタンポポというだけあって、たくましいようですね。
kauri
2010/06/29 22:06
抽出液は 紅茶の濃い色の様なのですが・・・

野原や公園に普通に生えているのですが 近くの公園のは うっかりすると刈り取られてしまうので 昨年は逃してしまいました

私もついでにネットで検索してみましたら タンポポの仲間ではないようですね でも 確かにたくましいです

以前は茎のひげの様なのが嫌いで ただの雑草扱いでしたが 染料になると知ってからは その時期が待ちどうしくなりました エゴですね 

おしゃべりついでですが 私の住む町は緑も多く いろいろな雑草も すぐそばにあるのですが 野原の整備も行き届いていて いつの間にか オオウバゆりの群生も見られなくなってしまいました 諸々の人間の都合の結果・・・ 致し方ない事・・・なのかな  
   
baobabu
2010/06/30 22:02
baobabuさん

そうですか、紅茶の濃いいろのような抽出液なのかー。
染料になるとわかると見る目が変わる、というのもすごくよくわかります!

原っぱ、なくなっていきますねー。
それでも思いがけない狭い所にたくましく生い茂る雑草の姿を見ると、何だか心ひかれてしまいます。
自分ちだと困るんですけどね。
kauri
2010/07/01 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑風 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる