Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 紡ぎの風景

<<   作成日時 : 2013/01/29 18:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

冬の日だまりは、ふだん見慣れたものを美しく見せてくれます。

画像


紡ぎ疲れて、ちょっと休憩。
ソファでほっこりしながらふと眼に入った一コマです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
話題の「紡ぎの風景」ではなくって、申し訳ないのですが、私の視線は手前の蝋燭立へ。これ、変わってますね〜〜。いいわぁ〜。私に、これ、ちょうだい・・・無理ですね。冗談はさておき、これは、まんなかの輪のところで、本来は上から吊るすものですか?・・・いや、脚の部分を見ると、床に置くもののようにも見えます。素材は木? 今、コピーして相当拡大して見てます。って視点がヘンですよねーー。すみません。
おちゃ
2013/01/30 22:16
うふふ、おちゃさん。

そのくいつき方に近しいものを感じる私です。
さて、件のキャンドルスタンド。
スウェーデンで買いました。
置いて使います。
木製(蝋を受ける部分と丸い輪っかは金属)でして、丸い輪っかのところがネジになっていて、腕をいろんな向きに変えられます。
こちらの写真の方がわかりやすいかな?
http://09972218.at.webry.info/200710/article_13.html
kauri
2013/01/30 23:15
kauriさん

みました。これ、いいですね。
欲しい、これ。斬新ですね。スカンジナヴィアンですねえ。
薪ストーブ族改め、ローソク族になろうかな。
おちゃ
2013/01/31 21:48
おー、おちゃさん。

コメントいただいて、久しぶりにキャンドルに火を灯してみました。
ローソク族、いいですよね。
kauri
2013/01/31 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
紡ぎの風景 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる