Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS クッションカバーの閉じ口、kauri的解決法

<<   作成日時 : 2015/03/19 07:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

クッションカバー、フェルティングニードル一つで袋状にしました。
あとは閉じ口をどうするか?
中のヌードクッションを出し入れするときに、織り地にあまり負担のかからない形にしたい。
さらには、ファスナーやボタンホールなしで仕上げたいのですが。


まずは余った織り地やフリンジを活用してボタンを作ります。
一本針のフェルティングニードルでチクチクしながら、まあるく形づくっていきます。

画像






この写真でわかるでしょうか?
針の先の方にギザギザが付いていて、これがウールの繊維を毛羽立たせ絡み合わせて、まるで粘土のように自在にウールをくっつけたり形づくったりすることができるのです。

画像







これに石けん水をかけてこすって、さらに硬く縮めます。

画像






久しぶりのフェルトメイキング。
直径1cm程度まで縮めました。

画像






これをクッションカバーの口にこんなふうに縫い付けて。

画像






このフェルトボールのボタンにジグザグに糸をかけて、口を閉じます。

画像


実際に糸をかけてみると距離が飛びすぎていて強度的に難ありだったので、とじ針を使って飛んでるところをざっくり縫いました。





そして完成!
うふっ、イソギンチャクみたいでかわいい♪

画像



ふつうはまずやらないやり方。
THE kauriワールド!というものができました。
ミシンやユザワヤのお世話にならずに、自前のウールだけでやろうと思いから生まれた形です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
絶対にこの子に 会いに行く!!!
あって抱きしめたい〜 
楽庄
2015/03/21 12:31
楽庄さん、お待ちしています♪
kauri
2015/03/21 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
クッションカバーの閉じ口、kauri的解決法 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる