Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の一日

<<   作成日時 : 2015/11/06 21:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

八ヶ岳は霜の降りる季節になりました。

画像






が、日中は穏やかな好天が続いています。
石積み職人もこつこつ頑張っています。

画像






私は荷開き祭で買ったシェットランドを紡いでいます。
(今年は紡ぎ車を思いやって、ちゃんと洗ってから紡ぐことにしました。)

画像






ホゲット、いい風合いでしょう?

画像






ナバホ撚りにしました。

画像







さて、お茶にしますか。

画像






西日を受けて、黄葉が光り輝いていました。

画像






【追記】

清里へ行く途中の鉄橋から見下ろした紅葉が新鮮な美しさでした。

画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
石積み職人さんの静かにカメラを見つめる視線。その表情にも職人としての自信と落ち着きが、見え始めました。

石積みは富を象徴しますもんねぇ。やがては南麓を支配することになる(予定の)kauriランドの数十キロにわたる境界線を示す長ぁ〜い石積みの始まりはここだった!と遺跡扱いになるのがここ。がんばってください、と職人さんにお伝えください。
おちゃ
2015/11/07 15:53
うふふ、おちゃさん。

石積み職人さん、やっぱり実際やってみて思考錯誤して、そうすると道を歩いていてもすぐ石垣に目が行ってしまうようです。
そう思って見てみると、傾斜地の八ヶ岳南麓にはそこいらじゅうに石積みがありますし、東京は東京で公共の場所のあちこちに石垣があるものです。
今は清里の萌木の村でポール・スミザーさんの庭づくりの一環で大規模に石積みが築かれていて、とても参考になるようで。
おちゃさんもぜひ覗いて見ては?
そしてkauriランドも見学自由ですよ、ふふふ。
kauri
2015/11/08 09:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩秋の一日 Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる