Kauri〜名ばかり工房から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS スピニングパーティーへ

<<   作成日時 : 2016/09/12 07:21   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今年もスピニングパーティーの季節がやって来ました。
年に一度の紡ぎというか羊仲間のお祭りです。
懐かしい顔がいっぱいで、ふるさとに帰った思いがいたします。

画像





画像






画像







羊毛や糸だけでなく、魅力的な道具もたくさん並んでいました。
こちらはきつつき工房さんのブースにあったハンドカーダーと、ウールの織地を起毛させる道具。
トゲトゲした植物の実がそのまま使われているそうです。

画像






nysta o gnola 糸花生活研究所のリボン織テーブルルーム。
細かい道具や部品の一つ一つがとても美しかった。
木工作家と織る人との出会いで生まれる素敵なもの。
こういう、他の人がやってないことをする人が好きです。

画像









会場を後にして、大好きなMさんと久しぶりにビールで乾杯。
いつだってふんわりと丸ごと私を包んでくれる方です。
こういう人に私もなりたい、と思うのでありました。

画像




若い友だちから母と同年代の先輩まで。
正直、紡ぎそのものには興味を失いつつある昨今ですが、ここで出会った人たちはつくづく私の財産だと再認識。
感謝しきれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スピニングパーティーか。紡ぎのお祭り?会合? 羊と言いつつ、アルパカもいるしマリオもいるじゃないか!と思ったらおじさんはマリオではなく、売る側の人なのですね。紡ぐことそのものには関心が低下しているのですか? やはりより大きな関心は金儲け?、あるいはkauriランドの領地を囲う石積み? あ、石積みはkauriさんの仕事でなく専門の石積み職人がいましたね。先日の石積みとオカリナの画像はすごかった。と、話がどんどん飛んでしまいました。
おちゃ
2016/09/12 18:27
おちゃさん

スピニングパーティー、不思議な、面白い感じ、伝わりましたでしょうか?
このマリオ、最高ですよね。
ずっと自分の生活の中心にあった糸紡ぎにさっぱり興味がわかない、というのは自分でも解せず、しばらくこれを観察してみようと思います。
お金儲けはダンナに任せて、私は使う方専一です。
kauri
2016/09/13 07:40
私は今年も行けませんでした(涙)
チーゼルに持ち手が付いているものがあったなんて!
私は手のひらにトゲを刺しながら使っています(笑)
消耗したら取り換えられるんですかね。
ちょっと調べてみます!

紡ぎが楽しくなくなっちゃったんですかねぇ?
いつかご一緒に紡ぎたかったですが...。
すぎもと
2016/09/13 19:10
すぎもとさん

チーゼルって言うんですね!
イギリスではわざわざこの実を栽培していたくらい、需要があったそうですね。
きつつき工房さんたちは、これを八ヶ岳クラフトフェアに出店している人から手に入れたと言っていました。
紡ぎ、どうなっちゃってるんでしょうか?
東日本大震災の直前にもこんなことがあり、また地震が来るのかなぁなんて思ったり。
(根拠なさ過ぎ、というかこじつけ?)
もうちょっと様子を見てみることにします。
kauri
2016/09/14 14:05
わあ、地震!ちょっと緊張が走りました(・_・;
でも、気分が乗らないのに無理して紡ぐことないですもんね。
織りとかオカリナとか、他のことで楽しんでくださいねー。
すぎもと
2016/09/18 16:13
うふふ、ヘンなこと言っておどかしてごめんなさい。
そうなんですよね。
これが仕事だったらしのごの言わずにやるのみなんですが、“楽しい”だけを拠り所にしていると、こういう時弱いです。
まぁ、自然に逆らわずに。
いろいろ楽しもうと思います。
ありがとうございます♪
kauri
2016/09/18 16:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピニングパーティーへ Kauri〜名ばかり工房から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる